身辺雑記

 

●8月7日〜8月31日

[さらに過去の雑記]

 

 

8月31日 午後に新しいPCが届いた。最初の話よりもずいぶん早い到着だ(うれし〜)。それで夕方までセッティングに追われる。夜に『2ちゃんねるぷらす』(コアマガジン)の取材撮影をした。

 

8月30日 お仕事で午前中に起きたんだけど、つい午後になってお昼寝しちゃったよ(疲れてるのかなー)。夜、以前共演してお友達になったバンド「SuperBoss M10」(http://sound.jp/superbossm10/)のライブを見に行ったよ。

 

8月29日 今日は新宿のスタジオで新曲「TVショッピング」のレコーディングをやった。パンクバンド「真剣に解散を考えている。」とのコラボレーションだ。その後、今度購入したDV編集ソフトウェア「Final Cut Express」のマニュアル本がないかと捜してみたが、見つからず(使い方分かる人教えてください)。

 

8月28日 新宿は歌舞伎町GOALIEでアイドルライブをやった。主催は音楽事業団体「山下総合病院」。今日は持ち時間の関係で曲数少な目でこなした。アイドル掲示板によれば、がんちしゃんが来ていてくれたとのこと。お声をかけてくださればよかったのに。お話ししたかった。今度のアイドルライブは10月1日の予定です。詳しくはまた報告します。

11

1

ライブハウスでアイドルライブをやったよ。


8月27日 資料通読、お仕事など一日中やってました。昨日UPした「田中康夫03」がスゴイ反響で応援メールが多数届いて、うれしい。まだ読んでない人はトップページから「処刑リスト」経由で御覧ください。

 

8月26日 午後、都内某所で調査。夜になってから、資料を通読しつつ、田中康夫問題入門編第二章を「Dreamweaver」で作成して、日付けが変わってからUPした。今回は『朝日ジャーナル』92年記事の検討だが、次回は『週刊SPA!』記事の検討だ。まだまだ続くよ〜。

 

8月25日 昼間はずっとお仕事。午後の遅めの時間になって、渋谷にお出かけしてビックカメラでPCサプライなど購入した。また渋谷と原宿のあいだにあるショップに、先日購入したGパンを取りに行く(グッとくるデザインはお気に入り)。
 夜、久しぶりに高田馬場のコアマガジンに打ち合わせに行った。今回初めて呼ばれたのは『2ちゃんねる+(ぷらす)』という雑誌だ。読んだことがないと言うとバックナンバーをくれた。打ち合わせで久しぶりに飲んだので酔っぱらってしまい、フラフラになりながら帰宅する。

 

8月24日 お昼頃起きて、湯川さん帰る。今まで良く分からないままテキストで書いていた、このホームページ。しかし、HP作成ソフトを使うとこんなに簡単なのか〜と思い、少しずつ手直しした。夜になって10月1日にいっしょにライブをやるパンクバンド「真剣に解散を考えている。」の架神さんがレコーディングの打ち合わせに来る。

 

8月23日 ハングル翻訳の仕事。今日は「ハングル→日本語」だ。若い韓国人ギャルが書いた文章だったので「達筆」に苦しむ。解読には辞書にもない言葉もあって大変。「日本語→ハングル」より難しかった。自分の未熟さを恥じます。
 夕方から遠方より来てくれた湯川さんと秋葉原で待ち合わせて会った。ついに新しいPC買っちゃいましたよ〜(お届けは2、3週間後)。食事をした後に、湯川さんを連れて自宅に戻る。

湯川さんがボクの家にやってきたよ。

 WEBデザインのまったく分からないボク。湯川さんに教えてもらって、ホームページを移転した。今までホームページ作成ソフトも使ってなかったンだけど、ソフト使うと楽だなー。
 URLが変わったので、お気に入り(ブックマーク)の変更をお願いしマース!

8月22日 若手業界人の購読率が高いらしい(笑い)『サイゾー』(インフォバーン)からインタビュー取材を受ける。テーマは「長野県知事との闘い」。9月18日発売の10月号に掲載予定だ。

8月21日 深夜というか早朝に、長野県経営戦略局に申し入れをファックスとメールで入れた。その内容は長野県公式ホームページ7月18日知事会見のテキストファイルに関する「訂正願い」。
 今日創刊された、日本初のCD-ROM付き実話誌『P-Zone』(グローリー)で、新連載「宅論」がスタートした。テーマは「長野県知事との闘い」。御興味のある方は全国の書店・コンビニエンスストアでお求めください。

『P-Zone』創刊号

 今日は渋谷へお買い物に行った。Gパンを探したのだが、グッと来るモノを発見してゲット。その後、新宿に捜し物に行ったが、収穫はなし。

8月20日 PCはほぼ復旧した。しかし、色々やっているうちにどうしてもCPUのクロック周波数が1GHzを超えるマシンが欲しくなったので、これまで使っていたPower Mac G4(450MHz)を処分したく思います。メモリは640MB積んでいます。だから、かなり快適ですよ。まだまだイケるマシンです(ただしHDは20GBなので足りなければ載せ替えたほうがいいでしょう)。元箱や起動CDなど揃っていて、欠品はないと思います。
 欲しい方がいらっしゃったら、希望金額を書いてメールしてください(hachiro555@hotmail.com)。最低落札価格は設けていません。その他、詳細や条件の問い合わせも必ず御返事します。いわゆるオークションってボクはやったことがなく、面倒なのでこのホームページでお譲りする方を探す次第です。

aa

Power Mac G4(450MHz)RAM640MB HDD20GB

8月19日 ボクの誕生日が来たー。祝福メールなどが寄せられ、うれしい気分。新幹線に乗り上京。夕方に東京駅でお友達と待ち合わせをして、そのまま神田神保町に資料を見に行くが、捜し物は見つからず。食事後、帰宅したがかなり疲れてしまった。へと、へと……。

8月18日 のんびり実家で過ごす。

8月17日 ボクの実家がある浜松で、ネットのことを教えてもらっている湯川さんとうなぎを食べた。行ったのは千歳町の「あつみ」という店だが、この店のうな重は本当においしかった。味はボクが保証します。
 その後、近くにあるインターネット・カフェで、湯川さんといろいろ話し込む。結局、今度の土日に東京のボクの自宅まで来てもらうことになった。

aa

湯川さんとうなぎを食べたよ。

8月16日 今日から所用で数日間東京を離れます。何日間かはこの身辺雑記を更新できない状況になりますので、ヨロシク。ノートPCを持っていないので。何とか携帯電話からアイドル掲示板は見ることができます(ただし最近は書き込みが多いので、すべてにレスの書き込みをするのは困難です)。
 さて本日、処刑リストに「田中康夫02」を追加したので、みなさんチェックしてお楽しみください。

8月15日 今日もボクはパソコンの復旧に追われていたよ。う〜ん、何とか基本的なシステムとアプリケーションはどうにかなったかナ(でも完全復旧はまだまだ先だー)。
 そんな忙しい間をぬって、都内某所で調査。今日は大きな成果をあげた(人の過去をサルベージしたよ)。よかったー!

8月14日 今日はずっとパソコンの修復。途中、午後から夜にかけて秋葉原に行くが、目立った成果はなかったよ。夜遅くまでパソコンの修復。ようやくネット関係だけは復旧した。

8月13日 長野県経営戦略局と長野市内の自宅に、田中康夫あての資料を送付した。これは『朝日ジャーナル』92年5月15日号記事のコピーである。自分が書いた原稿をみずから確認する努力を一切しないのだから、仕方がない。これで言い逃れをするようなら、まさしく書き逃げだ。
 お昼頃からずっと徹夜でPCの復旧作業に追われる。そんな時、午後にTBS『サンデージャポン』のディレクターから電話。どうやら先日の放送に関して、出演者・視聴者のリアクションがかなりあったようだ。ボクのところにも同番組を見たという人からのメールがたくさん来てるんだよな。ディレクターは今後の予定に関しても聞かせてくれ、とのこと。
 そんなみなさんの声にお応えして、近日中に処刑リストの中の田中康夫項目に関して「入門編」という原稿をアップする予定だ(笑い)。

8月12日 ハングル翻訳の仕事。パソコンにハングル・フォント(書体)を入れてあるので、キーボード入力出来るんだけど、日本語を打つスピードではとても打てるものではない。さらに、デザイナーに渡すためにはフォントのアウトライン処理(Illustrator)も自分でしなけりゃならないんで、ちょこっと面倒。
 今日は「日本語→ハングル」だが、次は「ハングル→日本語」だ。どっちが面倒かは、まだ未熟なボクには一概には言えないなあ。

8月11日 昨日の夜から地獄に陥っている。パソコンの中を開けて自分でデバイスを交換しようとしていたら、不調をきたし、いらぬトコロまでバラバラにバラしてしまった。ところが、ためしためし探っていくと、原因が違うと分かって組み直した。しかし、どうしても根本的問題は解決しない。どれもこれも、康夫のせいだ!
 結局、夕方修理業者に出張してもらうことになった。出張費、技術費、クラッシュしたデータのサルベージ料でウン万円に。高すぎるヨ(涙)。どれもこれも、康夫のせいだ! それで夜に秋葉原に行って、不良が出たパーツを購入し直してきた。それも康夫のせいだ! 今は外付けドライブからブート起動してPCをたちあげて、かろうじてこのコーナーを更新している。

zzz

本来は起動ドライブであるはずの内蔵ハードディスクがない(左)。ロジックボード自体は無事だった(右)。

 ところで、読んでなかったので全然知らなかったのだが、ボクと長野県知事のバトルは実話誌『話のチャンネル』でも記事になっていたと、ある編集者から連絡が入る。
 深夜、長野県経営戦略局に申し入れをファックスした。その内容は11日アップされた8月7日知事会見のテキストファイルに関する「文句」。

8月10日 午前のTBS『サンデージャポン』で、「衝撃!長野の乱!! 定例会見で大バトル!!」として、ボクと田中康夫県知事との対決が放送された。ダンカンさんが、この二人は漫才デビューしたほうがいいようなことを言っていた。それも悪くない(笑い)。もっとも笑ったのが新聞のテレビ欄あるでしょ。あの番組内容の一行目にしっかりと「宅八郎が田中康夫知事に謝罪要求」と書かれていたことかナ。
 午後からお出かけ。秋葉原でPCの増設用ハードディスクとAV機器のアクセサリーを購入。また神田にも足を延ばし、特別会員になっているレンタルCDショップ・ジャニスでCD何枚かをレンタル。ココはかなりマニアックな商品があるから助かるよ。
 ボクはフリーランス(無職)だから、わざわざ混んでいる日曜日にお出かけしなくても平日に行けば良さそうなものだが、欲求が抑えられなかった。

8月9日 今日は所用があって、午前中から風雨の中、外出しなければならなかった。それで、この夏たぶん初めてタイ料理を食べた。エスニックは大のお得意で、自分でもタイ料理は作れるのだが、最近は気分的に余裕がなく自炊していないなー。帰宅後、お仕事でずっと原稿を書く。夜には何とか完成して送稿した。
 さて、この身辺雑記を付け始めたのは7月27日分からだ。それで、それ以前の長野県関係の“備忘録”を追加した。画面をスクロールして一番下をチェックしてください。7月5日から「長野」への復讐山脈が連なっていったことがわかります。
 復讐山脈の麓(ふもと)である『月刊プレイボーイ』宮崎事件に関しては、そのうちアップする予定です(それは1990年9月10日のことでした……)。

8月8日 今日はヒマだった。それでメールの返事やアドレス変更のお知らせなどをこなした。でも数100件はあったので、けっこう大変だった(ほとんどカスタマー・サービス・センターだよ)。
 それからお友達と遊ぶ。新しいよく効くお守りをもらった。刀のデザインはボクにふさわしい。よく効くよ!
 長野の“ハラノヒロタロウ”さん、このホームページ見てたら連絡くださーい。

処刑によく効くお守り



a

宅八郎VS田中康夫ライブ・パート2!(in 長野県庁表現センター)

8月7日 午前10時30分から長野県庁表現センターで、田中康夫知事会見がスタートした。
 さんざん「ライブ告知」をボクがしていたからか、康夫は姑息な手段を取ってきた。11時30分まで1時間の予定であった質疑応答の時間のうち、30分以上もダラダラ、ダラダラ一人で話を続けたのだ(前回、ボクが乗り込んだ時はヤツも準備不足だったのか、10数分で冒頭の話は終えている)。まるで質問時間をできるだけ少なく削ろうとするかのような手だった。
 そして質疑応答に入り、ど真ん中の一番前に座ったボクは真っ先に手を挙げたが、ボクからあわてて目をそらし、指名しない。一人の質疑応答が終わり、ボクはすぐにまた手を挙げたが、やはりボクを指名しないで後ろに座っていた人を指名した(こっちは先に手を挙げてんだよ)。
 そうこうするうちに残り時間はみるみる少なくなっていった。このまま、逃げ切って終わろうとするのかと思った。過去に康夫はそうして、「時間が来たので後は電話でもしてください」と逃げたことがあったと、地元記者から聞いた。また、わざわざ会見を午前にしたのも恣意的なものを感じたと言う。

zz

謝罪と訂正を求めるボクと、あくまでもその必要がないとする康夫知事

 そして残り時間が10分くらいになった時に、ようやく他の質問者が誰もいなくなり、仕方がないという顔でボクが指名された。ボクは康夫知事の手続き主義にのっとって、事前に県経営戦略局とヤツの自宅に資料(『週刊SPA!』92年5月20日号記事、単行本『これが基本です。』のコピー)を送付したことから話を始めた。ヤツは確かに受け取った、と言った……。
 ボクとの質疑応答は前回の「続き」であり、資料を受け取ったことを認めてもいる。さらに、田中康夫という「作家」の「表現」によってボクは被害を被ったと訴えているのである。優先順序があるだろう! 逃げてんじゃねえよ。てめえの面白くもない話を延々したり、都合の良い質問者から指名したりってのはどういう了見だ!

z

河野義行さんの場合はどうなんだと迫るボクと、その質問からは逃げる康夫知事

 問題なのは、質疑応答の最後に、表現の自由が保障されているはずの表現センターに警察権力の介入を田中知事がほのめかしたことだ(ボクの逮捕は近いかも→笑い)。質疑応答のやりとりに関しては、リンクコーナーから長野県公式ホームページのコンテンツにリンクを張る予定なので、詳細はそちらで確認してほしい(ウ〜ン、前回よりは面白くならなかったかな)。
 なお、今日はTBS『サンデージャポン』がわざわざ長野まで取材に来ていて、今度の日曜日、10日午前10時から放送される予定だ。

「ライブのアンコール」として記者会見するボク

 この会見が終わってすぐに、ボクは単独での「記者会見」を開いた。配布した資料は次回に康夫知事に送付する『朝日ジャーナル』(朝日新聞社)92年5月15日号記事や拙著『処刑宣告』(太田出版)のコピーなど。無実の人間(ボク)を刑事事件の犯人に仕立て上げようとし、謝罪も訂正もする気がないと宣言した康夫。そんな県知事が、松本サリン事件の河野義行さんを公安委員に指名したのは、たんに「てめえの人気取り」ではないか、など訴えかけた。
 会見後、共同通信と日刊スポーツ、『日本列島ウラ情報』(マイウェイ出版)から取材を受ける。


z

田中康夫の両親が“偽名”で所有する家(in 軽井沢町)

 午後、長野市からはかなり離れた軽井沢町へ行った。何のために行ったかって? 康夫が時々訪れるという、両親の家を探しに行ったのだ。軽井沢といってもかなり広い。捜索は難航したが、ようやく夕方になって発見した。なぜわかったのかって? 『Kの器』を読んでください。ボクは調査が好きなんです。
 ライブを午前中にするから、こういうことになるんだぜ(笑い)。
 苦労したのは、表札がなく住居表示も「田中」ではなく、“偽名”になっていたからだ。近所の人に聞き込みをしまくってみると、康夫の両親も不在がちのようだった。興味深い話もいろいろ聞けた。
 そんなことをしていたので、結局東京に戻れたのは夜になってからだ。

 

 


BACK/7月5日〜8月6日の雑記