身辺雑記

 

●雑記です。毎日書けるかわかんないし、続くかもわかんないけど、始めました。
●10月29日〜11月30日

[10月1日〜10月28日]
[9月1日〜9月30日]
[8月7日〜8月31日]
[7月5日〜8月6日]

 

11月30日 実家で生活リハビリ。

11月29日 今日は夜から静岡県清水市のライブハウスでライブがある。リハーサルのために、もう東京の家を出るところだ。では行ってきま〜す!

 と書いた後で、現地へ行ってみたところ、市町村合併で清水市ではなく「静岡市清水」に変わっていました(古い静岡県人なので清水市と思いこんでいた)。無事にアイドルライブのステージをこなし、大雨の中、浜松市の実家に行ってしまいました(東京に戻ろうか迷ったんですけどね)。

11月28日 今日は大阪・日本橋にあるアニメ・特撮・映画・自主映画を専門に扱う、映像ソフト総合ショップ「ジャングル」(http://www.jungle-scs.co.jp)の都築さんが東京に来ていたので、お会いした。メールのやり取りはしていたのだが、会うのは初めてで楽しく痛飲した。酔っぱらってヘロヘロです。来年にも大阪に招かれて行くことになるかもしれない。関西方面の方々、その時はよろしく。

11月27日 今日は朝早く起きてしまったので、午前中に洗濯をしつつ、ユーミンを聴きながら、BGMとはまったく関係のない原稿を一本書き上げた(生活感のある話でしょうか)。
 昼ご飯をはさんで、秋冬によく履いているパンツ(ズボン)のほつれを手縫いで直す(男の一人暮らしなンダ)。ほつれと言っても実はズボンのチャックの横がパックリ割れるように全部ほつれていて、チャックを閉めているのに「こんにちは」してしまう、ヤバイほつれだったんだけど。
 午後、このホームページを最初に作成、管理してくれていたTさんから電話があった。「こんにちは」しました。

11月26日 今日は午前中に起きたものの、午後にうとうとお昼寝してしまった。そのため、あまり仕事が進まない。でも何とか企画書をデッチ上げて、夕方になってから家に来た編集者といっしょに詰めた。明日、出版社に営業に行ってくれることになったが、通るかどうかはわからない。今は出版不況だし…。キビシーかも。
 夜、「これでいいのか!田中県政追撃コラム」の追撃さんから電話がかかってきて、田中康夫の「人工膀胱」をめぐってなど、色々聞かれる(笑い)。長野県では面白すぎる話も熱く飛び交っているようだ(笑い)。

11月25日 今日は夜明け前に眠りについたというのに、午前8時過ぎに目覚めてしまった。熟睡できないのにも困ったものだ。天気が悪かったので外出を控えて、家でせっせと作業をしていた。作業と言っても原稿が進むのなら良かったのだが、主にパソコンのメンテナンスだ。
 夜、お友だちがやって来て、鯛飯を炊いて白味噌鍋を作って食べた。夜食はお茶漬けだ。午前2時過ぎ、さすがに眠くなってきた……。

11月24日 今日は振り替え休日。会社員のみなさんは大喜びでしたね(うらやましい)。ボクは連休明けの明日締切の仕事を少ししてました。デザイナーさんなんか特にそうだと思うけど、フリーの場合「休み明けに仕上げて送っておいてください」と言われること多いよね。社員編集者は何かいいな(うらやましい)。でも放送業界の場合は、祝日とかあまり関係ない気がしますけどね。

11月23日 どこにも出かけず、何だかだらだら一日が過ぎてしまった。みなさん、ごめんなさい。それでも編集者からの「宿題」の企画書は何とか書いているよ。事務所がうまく始動できると良いのだが…。
 『2ちゃんねるぷらす』まだ全部は読んでなくて、少しずつ読んでる。前にアイドル掲示板でDの字さんが紹介してくれていた「日本ブレイク工業」社歌の作者(作詞作曲・演奏・歌唱)インタビューなど読む。同社のホームページ行ってみたら、曲はCD発売に伴ってダウンロードできなくなってた。そこでネット検索してみると、アップされてるフラッシュに行き着いて、ようやく聴く。イイ歌だー。

11月22日 なんかずっと起きてた。ただ夜に仮眠(惰眠)を取っちゃったので、またしばらくは昼夜逆転かな。世間は連休だって浮かれているようだけれど、フリーのボクはそんな「うれしさ」を忘れて何年も経ってるな。不安。

11月21日 今日、全国書店・コンビニで『2ちゃんねるぷらすVol.5』(コアマガジン)が発売になりました。ぜひ、お買い求めください!

『2ちゃんねるぷらすVol.5』(コアマガジン)。

 夜、大手編集プロダクション岩尾事務所の宴会があったので、行ってきた。元一水会代表・鈴木邦男さん、元自衛官のストリッパーで、現在「風俗産業労働組合」(風組)評議委員長を務める沢口ともみさん、言論人権協会の正狩炎さん、ライターの大先輩格に当たる朝倉喬司さん、日名子暁さんらと談笑した。
 朝倉さん、日名子さんに「噂真の岡留と仲が悪い宅八郎です」と御挨拶したところ、両氏から「君と仲の悪い人はいっぱいいるようじゃないか」と言われ、恐縮。

11月20日 「田代まさしVS宅八郎対談」動画02をアップしました。お楽しみください! さらに「Final Cut Express」でせっせと動画の編集をやっている。そのうちプロ仕様の「Final Cut Pro」にバージョン・アップしたくなるんだろうな。そういう映像制作の仕事も受けられるようになればいいのだが…。

 

11月19日 夜、ようやくという感じで、フジテレビで『ネプリーグ』のボクの出演シーンが放送された(1分間も出ていなかったね)。秋葉カンペーと言うのは、アイドルや女優に対して「カンペ」(カンニング・ペーパー)を出しまくるというオタクなキャラクターなんだね。
 カンペ出しの部分はオリジナルなアイデアだと思うけど(とは言え鉄拳の影響はあるかも)、その姿はかつての90年代のボクのイメージを「コスプレ」したようなキャラクターだと思った(これは、最近出版されたという本の表紙イメージが特にそうだよね)。
 その意味ではオリジナルの「宅八郎」を“指導者”として出演させることで、オタクなキャラクターとしての「正当性」を演出する狙いがあったんだと思う。
 ボクも固いことは言わないで、出演を快諾して楽しんだよ(ロケ地は遠かったし、放送されるまで待たされたが)。長野県庁での「オイッ康夫!」とまったく同一なテンションで「オイッ秋葉!」というセリフになっちゃったよ(苦笑)。また機会があれば呼んでくださーい。

『ネプリーグ』、秋葉カンペー特別編の撮影風景(in 千葉県)。

 

11月18日 日付が変わってから、「田代まさしVS宅八郎対談」の予告編動画01をアップ。リンクコーナーから飛べるようになっています。
 今日は夜に、高田馬場にあるコアマガジンの『2ちゃんねるぷらす』編集部に行って来た。魔法のようなスピードで印刷製本され、搬入されたばかりのVol.5を一足早くいただく。売れるとイイね。反響があるともっとイイね。

 

11月17日 きのうのライブで疲れてしまって、今日はリハビリの一日になってしまったよ(やることあるのになー)。新しく作る事務所「ハチロック」の名刺デザインの見本が送られて来て、修正を入れて返した。もうすぐ名刺だけは出来上がってくるだろう(いつ始動するのかー)。
 ずっとやっていた動画の編集はじつは「ネット神」田代まさしさんとの対談記事(2ちゃんねるぷらす)の予告編だった。18日付けでまず第一弾から公開に踏み切ります。お楽しみに!

 

11月16日 今日は高円寺のライブハウス「20000ボルト」でアイドル・ライブをやった。今回初めて歌う歌があって、打ち込みはライブを主宰したテクマ!さんに頼んだのだが、歌はけっこう危うかったな(歌詞を忘れて)。歌詞を忘れると言えば、ボクはいつもどの曲でも忘れていて、その場しのぎで歌うことが多いんだけど(苦笑)。

アイドル・ライブ(in 高円寺20000V)。

 ライブには、ボクのお友だちたちやアイドル掲示板によく書き込みしているDの字さんが来てくれた(他にもこのHP見て来てくれて、会えなかった人がいたら、ごめんなさい)。Dの字さんをライブ終了後の打ち上げにお誘いして、午前0時近くまで飲んだ。その後、バンド系女子と共にいっしょに帰ってきた。

11月15日 映像がダメになっていてショックを受けた昨日からの続き。記録するメディアは進化していっても、本当にデータの保存性、信頼性が高いのか、少し不安になった。映像だけではない。なぜだか分からないが、パソコンのハードディスク上に置いてあったファイルが消えていたりしたのだ(Macはあまりウィルスの心配が無いんだけどウィルスの仕業なのかな?)。これからは出来るだけバックアップを取るようにしたほうがいいなあ、と実感。

 

11月14日 アイドルライブの古い映像をデジタル化しようとしたら、当時Hi8テープで記録していた映像がダメになっていて大ショック。おまけに今も現役で使っているHi8デッキの調子までおかしくなった。本当にSONYを呪いたい気分だ。VHSは大丈夫なんだろうか…。

 

11月13日 早朝に商業原稿をメールで送った。連載原稿だが、けっこう先の分まで書いてあるので、安心して入稿している。また、アイドル関連だが12月から1月にかけてライブ出演の依頼が2〜3来ているので、決まったら報告しマース。今日の夕食は鍋じゃなかった(笑い)。

 

11月12日 今日はダメな一日だった。昼間は寝てばかりで仕事も進まず、夜打ち合わせにやって来た編集者と韓国料理店にご飯を食べに行ったら、つい飲んじゃって酔っぱらってしまったし……(夕ご飯はじゃがいも鍋のカムジャタンでした→三日連続で鍋食べてるジャン)。

 

11月11日 今日は先日やった「神」田代まさしさんとの対談の校正(ゲラ)を、『2ちゃんねるぷらす』編集部に戻した。発売日は11月21日です。お楽しみにね。
 夜、一部で流行しているらしい「豆乳鍋」を作った。味は「う〜ん…」、そんなにまずくはなかったし、身体にもいいとは思うが、乳白色に少し抵抗感があったかな。

 

11月10日 今日はのんびりしていた。「Final Cut Express」を少しずつ使っている。まずは3分くらいの短いクリップに挑戦して、だいたいまとまった(もっとちゃんと使いこなせるようになりたい)。晩飯はカキ鍋だった。
 夜、一週間待たされたが、テレビ東京で『やるヌキッ祭』が放送された。前のほうが面白かったな。でも、まあ、あんなもんでしょ。

『やるヌキッ祭』の収録風景。

 

11月9日 今日はようやく朝になってから眠りについたので、起きたら午後2時半くらいだった。時間がなく、あわてて秋葉原に仕事に行く。「ラムタラMEDIA WORLD AKIBA」でのアイドルイベントの仕事だった。出演は美弥野静ちゃん。会場にはアイドル評論家で、TP.ランキングで有名な北川昌弘さんも来ていたよ。

美弥乃静ちゃんのライブ(左)。      静ちゃんと二人で(右)。

 

11月8日 今日はようやくファックスで送られてきた某誌のレイアウトを見ながら、原稿を書いていた。ソウルから帰ってからの現象(体調)だが、睡眠薬のせいか、体内ホルモンの乱れか、わりと早く起きてしまった後にソファでお昼寝してしまったりと、生活リズムが安定しない。原稿早めに終わる。
 今日は早く寝ようと思ったら、某誌からハングルの翻訳+デザイン発注(もっと早く言ってよ〜)。結局、朝までかかってしまった……。

 

11月7日 千葉のお友だちから真夜中(というか早朝)に田中康夫情報が入ってきた。だが、公職選挙法を考慮して行動しないとマズイだろうなあ……。
 午前中、薬が切れて発狂しそうになっていたので、精神科に行く。これも田中康夫のせいだ。午後帰宅してみると先日書いた『日本列島ウラ情報Vol.3』が届いていた。中森明夫について書いた「日本をダメ列島にしたA級戦犯はコイツだ!」が載っています。

『日本列島ウラ情報Vol.4』(マイウェイ出版)。

11月6日 韓国に行く前に本当は入れたくて、それが出来ずにいた月刊誌の原稿と写真をメールで送った。原稿が先でレイアウトが後なので、今まではけっこう早めに締切が設定されていた感じだ。月末発売なので問題なく間に合った。逆に22日発売の『2ちゃんねるぷらす』はデザインが先なのだが、レイアウトがなかなか上がってこないので、原稿を書きたくても書けない状況だ。

 

11月5日 今日は韓国に行っていた期間の写真を整理したりするのに時間をとられてしまった。何とか出来上がり、夜になってから秋葉原へ行く。今度新規開店に合わせたイベントをやるラムタラの秋葉原店店長にごあいさつして、お友だちと夕食を食べた。
 帰宅後、先日ロケした番組を観ようと、フジテレビをつけたら、放送時間が変わっている上に、ボクの出演シーンはどうやら来週のようだった。いい加減だなあ。明日締切の原稿を書き上げてメールで送る。
 では、韓国取材に関して、この「身辺雑記」の10月29日〜11月1日分を記し直しておいたので、下へスクロールして見てください。

 

11月4日 「Final Cut Express」を使って動画のカット編集を繰り返していた。マニュアル本をちゃんと読んでいないので、ショートカット・キーやツール・バーなど何もわからない。たぶん、慣れると使いやすくできてるんだろうなあ。
 夜になってから、コアマガジンの『2ちゃんねるぷらす』編集部に行く。その後、お友だちと遅い食事をとりながら打ち合わせをした後に帰宅。
 帰宅後、韓国取材の雑記を準備していたが、なかなか出来ない。明日くらいに更新シマース。

 

11月3日 今日は午前中に二度三度起きたが、結局過労のために午後まで寝込んでしまった。昨日までのハードな日々を考えれば仕方がない「後遺症」だ。
 今日は「文化の日」だ。この日には特別な思いがある。9年前、94年の11月3日にボクは警察の留置場の中にいて、まったく「文化的でない日」を過ごした。小学館事件にからんだ別件不当逮捕の結果だ(まあ、『処刑宣告』を読んだ人にはわかるでしょう)。
 今日は一応お休みなので、おとなしく過ごしていた。ようやく時間ができたので、初めて映像編集加工ソフト「Final Cut Express」をおそるおそる試している。何とかデジタルビデオで撮影した映像はハードディスクに「取り込み」できた。さらに簡単なカット編集をやってみた。ここからさらに複雑な編集をできるかが問題だ。

 

11月2日 韓国から帰国したまま、徹夜を敢行(無理すぎ)。朝っぱらからタクシーを飛ばして市ヶ谷にある制作会社IVSテレビに行く。今日はフジテレビ系で放送されている『ネプリーグ』という番組のロケだった(実はこの番組観たことないんです)。人気があるらしい「秋葉カンペー」SPコーナーに出演するためだった(「外伝」という特別編)。

 話が決まったのは韓国へ出発する前日だった。打ち合わせもまったくしていない。
 それで、ロケ地が千葉だとは聞いていたが、とんでもない場所(って書いちゃいけないか)にボクを乗せたロケバスは出発した。
 首都高経由でアクアラインに乗って木更津へ。初めて乗ったアクアラインだが「海ほたる」を見学する余裕など、もちろん無い。木更津へ着いたものの、まだまだロケバスは遠くに向かって走る。結局着いたのは「大多喜町」という場所だった。遠い、とにかく遠い。

 出演を受けた時に、ロケ日の候補として「土曜と日曜とどちらが良いですか」と言われて日曜を指定したので、たぶんボクにスケジュールを合わせてくれたんだろうと思う。また撮影も台本の順序を逆にして、まず最初にボクの出演シーンを撮り終え、先に帰らせてくれることになっていたので、御配慮たまわったんだろうとは思う(これが後に悲惨な結果に)。

 

撮影現場です。先生役として教壇に立って理科室を写しました。

 結局、撮影が始まったのは午前10時半すぎだった。初めてネプチューンの堀内健さんに会ったよ。しかし台本を見ると、ボクの出演シーンは1シーンしかない(いったい何十秒使うんだよ)。この1シーンのためだけに、ここまで来たのかと思うと涙ものだ。
  役回りとしては、学生時代の「秋葉カンペー」の先生役だった。ウイリアム・S・クラーク博士の「少年よ、大志を抱け!」のオタク版みたいなセリフを一言だけ言えばいいようだった(苦笑)。
 台本なんてあって無いようなモノ。アドリブで適当にこなして、撮影が終わったのが11時前(早すぎるでしょう)。このページ読んでくれてるテレビ関係の人に言っておくと、ボクの場合、打ち合わせも適当で、セリフもあまり決まっていない方が早くて面白くなりますよ(苦笑→疲れやすいので)。

 堀内さんとしばし談笑。いきなり「宅さん、どこに住んでるんですか?」と聞かれた。オイオイどっちが「芸能人」なんだよ(でも、芸能人から興味津々で何か聞かれるって経験結構多いんだよね、ボク、なぜだろう?)。つい「秋葉原の近くです」って答えちゃったじゃないか(笑い)。ほとんど質問攻めにあう。

ちょっと気になった女子生徒役の女の子(左)。 無事に撮影が終わって、堀内健さんと二人で(右)。

 その後、スタッフにロケバスで近くの駅まで送ってもらった。「あとは電車で帰ってください」ってことで(オイオイ)。
 そこは、聞いたこともない「いすみ鉄道」の「大多喜駅」。電車はだいたい一時間に一本だった……。そこから「大原」という駅でJRに乗り換え、えんえんと電車は走る。「千葉」駅ならいい。しかし、「成田」より遠い千葉に行ったことのないボクには「千葉県はとっても広いんだ」ということだけが実感できた。もはや「旅」である。

 結局、自宅に戻るまでに3時間以上かかった。韓国より遠い気がした。一睡もしていない……。もういい加減限界なので、いつもより早く雑記を更新しておくよ。『ネプリーグ』の放送は確か11月5日23時からって言ってたよ。
 そう言えば、明日はテレビ東京で『やるヌキッ祭』放送されるのかな……?

 

11月1日韓国編(この韓国編は申し訳ないけど、下へスクロールして10月29日から読んでいただいたほうがイイかもしれないデス。なお写真の一部は『2ちゃんねるぷらす』(コアマガジン)稲野辺編集長による提供なので、感謝しておりマス)

 今日が帰国日だった。日中、ソウル市内をもう一度ぐるりと回って、編集長が帰った後の「取材の見落とし」がないか、最低限のチェックをする。特に梨泰院(イテウォン)は編集長を連れて行けなかった場所なので、ヘンなものがないか、チェックした。

 ワケのわかんないドラえもんのクッション。

 帰りは夕方発の便だったために、午後にソウル駅まで行って、そこからリムジンバスで仁川国際空港へ。まだ鉄道は貫通していない。市内から空港までは成田と同じような「遠さ」。その距離を道路で行くので、飛行機に乗り遅れないように早めに空港へ行かないとヤバイんだ。ソウル駅発のバスを選んだのは少しでも渋滞している場所を避けるためだ。
 無事に飛行機に間にあった。



昼間のソウル駅。東京駅っぽいでしょう。

(日本編)ようやく日本に帰国したものの、某テレビ番組からの強引な要請で翌朝の7時集合というロケ・スケジュールを引き受けてしまった。メチャクチャ疲れてるけど、大丈夫かな〜(不安)。極端に朝が弱いボクなので、もう眠らないで行くしかなさそうだ。

 

10月31日韓国編 今日は編集長が帰国する日だった。午前中にホテルを出て地下鉄に乗った。別行動をとって、編集長には光化門(クワンファムン)にある教保文庫(キョポムンゴ)で雑誌を見ていてもらう。教保文庫はソウルで最も大きな書店で、東京で言うと、八重洲ブックセンターとか紀伊国屋書店とかって感じかな。
 「光化門駅に隣接しているので、ボクがついていなくても分かります」と彼に伝え、その間にボクは昨日取りに行けなかった片道航空券を旅行社に取りに行ったのだ。携帯電話で連絡を取り合って、ボクが合流した。



コレが南大門デス。

 お昼に二人で南大門(ナンデムン)市場近くへ行く。少し歩いて市場のメガネ屋さんに商品を卸している問屋を案内し、最も安くメガネを二人で作った。出来上がるまでの間に参鶏湯(サムゲタン)の昼食をとった。
 メガネを受け取り、「PC房」に入る。そこで今回取材できなかったNHN社の住所をハングルで確認した。だいたい編集長とやることは終わったので、南大門市場を散策。お土産など購入している間に、編集長を送り出す時間がキター。南大門からだとソウル駅まで歩けるので、道順を説明して「お別れ」。

南大門市場は雑多な印象があるが、デパートや空港で買うよりも全然安くお土産が買えるよ。

 市場に密集する屋台で買い物をするボク

 その後、ボクは編集長の「NHN社の入っているビルの写真だけでいいから撮ってきて」という要請で、漢江を越えて江南(カンナム)地区に行く。ちょっと捜して巨大なオフィスビルを発見。
 外観など撮って、中に潜入を試みるが、カメラを首からぶら下げているだけで、警備の人が注意しに来た。逃げるボク。それでもビル周囲をうろつき、裏側に喫煙所があるのを発見。もしかすると、全館禁煙のビルなのかもしれなかった。



NAVERが入っている巨大なスタービルディング。裏側には働いている人たちの憩いの場所があったよ。

 そうこうしているうちに夜になった。ソウルに来たら食べておきたい、メチャメチャおいしいドジョウ屋へ行く。湧金屋(ヨングムオク)という店で、創業は日本の植民地時代という老舗だ。お店の人に「前に来ておいしかったから、また来たよ」と言うと、喜んでくれました。

 辛いけれど、すごくおいしいドジョウ鍋(チュオタン)。

 その後、日本語入力のできるPC房を捜すのが面倒だったので、また東大門市場に行って斗山タワーのネットエリアでアイドル掲示板に書き込み……。

 

10月30日韓国編 東大門市場をめぐっていて、日付が変わった。「今日はここまでですよね」という編集長の目の色を感じたが、強引なボクは「今からYahoo!に出ていたサウナへ行きましょう」と言って、ソウル駅まで行く。
 「Yahoo! Japan」に掲載されていた紹介記事にはまったく地図がなく「近く」としか書かれていない。夜のソウル駅って言うと東京駅みたいなもので(似てますよ)、近くには何もない。

 周りをぐるぐる回るが住所そのものが見あたらない。洞(ドン)と言われる町名が確認できないんだ。ガソリンスタンドの親父に聞いてみるが「わからない」と言う。仕方がなく、人がいそうなコンビニを捜す。あった。店に入ると店員はおばさんで客のおばさんたち、酔っぱらったお兄さんと話をしていた。

 そこで住所とサウナの名前を伝えると、店員のおばさんは知らないようだったが、客のおばさんたちが「その町ならソウル駅の裏側じゃないか」「あの通路を通って」「ああ、そうだ」と話が展開していった。
 「歩ける距離なんですか」と聞くと、「歩ける」と言う。

 すると酔っぱらってヘラヘラしてるお兄さんが「日本人?」と聞いてきた。
 「オレが案内するよ」と酔っていて何だかわからないような発音で言ってきた。「オレはそのサウナは知らないが、その町ならわかる」と言う。「お願いします」とボクたち。

 そこからソウル駅に戻って、もはや誰もいない駅構内を抜けている歩道を歩く。こんなのわかんないよー。
 お兄さんは10月末の、東京よりも寒いソウルでTシャツ一枚の姿だった。心配そうにボクに「寒くはないかい?」と言ってきた。ボクは平気だが、お兄さんが風邪を引かないか心配だった。



Tシャツ一枚姿の親切なお兄さんに連れられて歩く。寒くないのかなー。

 あったー! 高速道路を越えた先にその町があり、サウナの看板が見えた。お兄さんに礼を言って別れる。ソウル駅の近くって言ってもこれじゃあ……。
 「駐車場完備」のサウナはとても電車で来るようなサウナじゃなかった……。
 「Yahoo! Japan」「韓国観光公社」がススメるサウナの様子は『2ちゃんねるぷらす』で読んでください。
 明け方、ホテルに帰って眠り込む……。


 あまりに無理をしすぎたせいか、起きて動けたのはもう午後だった。「今日こそは焼肉屋に行こう」と編集長と誓う(大ゲサだな)。
 寝坊してしまったので、旅行社へ航空券を取りに行くのは翌日にして、まずは龍山(ヨンサン)という、東京だと秋葉原、大阪だと日本橋にあたる電気街をチェック。韓国ではほとんどMacは普及していない。Winのことは編集長にまかせて、ハードウェア、ソフトウェアを見ていく。

 その後、漢江を越えることにした。ファッショナブルな江南地区にある、アンテナショップが入っているようなファッショナブルなビルに、なぜかキムチ博物館はある。そこを取材。



キムチ博物館の中で、人形にキムチを食べさせてもらったよ。

 そして、夕方には焼肉屋に向かうことにした。遠いからだ。なぜこんな遠くの焼肉屋へ行かなきゃならないのか、よくわからない。どんな店だったかは、雑誌で読んでください。

 帰りはまたタクシーだ。今日は編集長を明洞(ミョンドン)に案内することにした。一通り回って、東大門市場へ。夜動くならココへ自然と来てしまう。編集長がメールのチェックをしないといけないとのことで、「PC房」と言われるインターネット・カフェを探し回るが、どこも日本語入力環境になかった。



深夜の斗山タワーと一階にある外国人専用案内所。

 ところが、斗山(トゥサン)タワー(doota!)というファッションビルにある外国人専用案内所を思い出して、ネットエリアを発見。そこは日本語入力に対応していた。ボクはボクでアイドル掲示板に書き込み。
 東大門には斗山タワーの他、ミリオレ、フレヤタウン、最も新しくできたhello! apMなどのファッションビルがある。ショッピングするのにはどこも大差はないと思う。



東大門市場はファッションビルでいっぱい!




10月29日(日本) 朝っぱらですが、今から成田空港へ行く。三日間ほど韓国取材に行ってきます。その間はHPの更新ができませんが、みなさん、留守の間よろしく!

10月29日韓国編 『2ちゃんねるぷらす』編集長と共に韓国は仁川国際空港(インチョンククチェコンハン)に到着。今回は取材仕事と言っても、半分は道案内と簡単な通訳だ。空港から旅行社の車でソウル市内の往十里(ワンシムニ)にあるホテルへチェックインしたよ。
 前日までにアポが取れていなかったNHN社本社へ、ホテルから電話連絡を入れる。NHN社は韓国内では「Yahoo! Korea」を抜いて最人気の検索サイト「NAVER」を運営するサーバー会社だよ(日本法人もある)。

 ところが「アポはあるのか」と聞かれて「ない。2ちゃんねるぷらすだ、宅八郎だ。とにかく日本から取材に来た」と伝えると、「……こちらから御連絡します」とのこと。
 う〜ん。夜まで編集長といっしょにホテルの部屋で待機して待ったが、連絡はなかったよ。まったく、これっぽっちも相手にされなかったようだ(涙)。
 待ち時間に編集長と打ち合わせて、ボクだけ一日滞在を延長することにした。

地下鉄駅構内。100円ショップ「ダイソー」がソウルに進出していたよ。

 夜になって、鍾路(チョンノ)周辺に行って旅行社を捜して、「11月1日のできるだけ遅いヤツね」と依頼したデス。そこで夕方・仁川発→夜・成田着の片道航空券を購入。受付嬢に「受け取りは明日の1時です」と言われて、思わず「午前1時じゃなくて午後1時ですね」と冗談を言うと、「そうです」と笑われちゃったよ。

 その後、今回の取材の主目的である「Yahoo! Japan」問題記事の検証に乗り出す。これは「日韓対決十番勝負」として一度サイトに掲載され、2ちゃんねるなどで「Yahoo! Japanが狂った」などと騒動になり、五番までで削除、差し替えになった「韓国観光公社」のPR記事のことだ。
 まずは、仁寺洞にある伝統喫茶に行った。ココはすごく良かった。どう良かったかは11月22日に発売される『2ちゃんねるぷらすVol.5』(コアマガジン)を読んでね。

伝統喫茶で、カワイイ子がお茶を出してくれたよ。

 次にタクシーを飛ばして、漢江(ハンガン)を渡って金浦空港(キムポコンハン)近くにある焼肉店へ行ってみた。すごく遠くて車で一時間かかった。営業時間終了が迫っており「すでにラストオーダーは終わった」と言われて、がっかり(何の計画性もない取材だったんダ)。
 仕方がなく、またタクシーで一時間かけて東大門市場(トンデムンシジャン)に行く。明日が焼肉なので、今日はコリア式のフグ鍋を食べることにしたよ。
 すでに日付が変わろうとしていた。だがココは不夜城だ、朝の4時まで喧噪が続いている街だ。

 東大門市場の屋台には怪しい商品が並んでいたよ。

 

BACK/過去の雑記