身辺雑記

 

●2004年1月分

2003年度分
[12月1日〜12月31日]
[10月29日〜11月30日]
[10月1日〜10月28日]
[9月1日〜9月30日]
[8月7日〜8月31日]
[7月5日〜8月6日]

 

1月31日 ところで、ハングルのキーボードは左側が子音、右側が母音になっている。慣れれば比較的使いやすい……けど、ボクの実力ではそうでもない(ふう〜)。それよりも何よりボクはMacなのでショートカット・キーが分からないことが問題で、「Ctrl」とか「Alt」なんてキーは分からない(韓国はほとんどMacは普及してなくってWinしかない)。

左が田中康夫、右が宅八郎。手前に森高千里人形を置いて。

 自宅を発掘して現存する唯一の「宅八郎と田中康夫の記念写真」を探しだした。写真はトラブルになる前に撮影されたもので、もう二度とこんな写真が撮影されることはないであろう。現物をアップしておく。
 撮影日は1990年8月31日で、撮影場所は自由が丘にあったディスコ「TYO」。後ろに並んでいるのはミスコンのために集められたコンパニオンたちだ。康夫はこの娘たちの手を握ったり、指をなめたりしていた。康夫は企業から受け取ったかなりなお金でディスコなどで接待を何度も受けていた男だ(企業ゴロだったと言える)。
 今回、長野県議員らによる公費コンパニオン宴会問題が浮上したが、ドスケベ変態県知事にそれを叱責する資格はあるのか。ドロボー知事め。不自然な監査中間報告の実態など、政治的な裏側に関してもボクはつかんでいる。自分のセコい交通費・寸借詐欺行為から目をそらさせるよな動きをするんじゃねえ、このドロボー知事!

 

1月30日 睡眠薬が切れて、ほとんどマトモに眠れてなかった。ずっと行けなくて発狂しそうになっていたので、お昼に精神科に行って薬を処方してもらった。
 夕方、TBS『サンデージャポン』の収録があった。元々のテーマは「長野県議員の公費コンパニオン宴会問題」だったが、ちょっと暴走してしまった。今度の日曜日(2月1日)に放送されます(ちょっと内容苦しいかな〜)。
 その後、睡眠不足のまま、夜に、この日記で報告していた韓国人とのチャットをやった。かなりあせったね(最近ハングルの勉強をしてないので忘れてる)。昨日買ったキーボードに少しだけ助けられる。がんばって話をしてみると、相手がすごく面白いヤツで、会いたくなってしまった(最近韓国・韓国人から離れてるからかな)。
 今回は話をすることだけが仕事だったのだが、自費で韓国に行こうかと思ってしまった。ただ、相手があまりに田舎に住んでいるので、日本人と二度会うのは難しいと言われ、断念。ボクは日本語でもあまりチャットをやらないのだが、すっかり面白くなってしまった(笑い)。でもメッチャ疲れたよ〜。
 ところが、韓国人との会話が終わった後に、やはりチャットで連絡してきた編集者とのやり取りで、いささか不愉快になる……。

 

1月29日 今日は韓国語の調べものをしていた。ボクがハングルでPCを使う時だが、今までキーボード配列表をたよりに日本語キーボードで入力するという手間を取っていた。ところが今回必要に迫られたため、夕方に秋葉原に行って、ハングル・キーボードを購入。これで、入力がしやすくなるだろう(でも気づいたんだけど、今度は日本語を入力しにくくなるので結局ケーブルを差し替えて使うほうがイイね)。
 夜にTBS『サンデージャポン』のディレクターから電話がかかってきて、明日急にビデオ収録をしたいとのことだった。明日夜に仕事の予定があるので、夕方までに収録を終わらせてもらうことになった。テーマはまたまた「長野県」だ(笑い)。

 

1月28日 今日は午前中に起きたものの、昨日夜遅くまで起きていたために、疲れていてお昼寝してしまった。今日はずっとお仕事していた。午後、TBS『サンデージャポン』のディレクターから電話がかかってきて、長野県庁に今週金曜日に行くかどうか聞かれる。ボクの次の行動に関心があるようだ。
 夜に話が見えないで困っていた『2ちゃんねるぷらす』編集者とようやく連絡がついた。同誌では、竹島(独島)問題から端を発したネットでの日韓の「サイバー戦争」騒動について、来月取材に行くという。ところが、今回はボクが行くのではなく、現地には通訳がいて交渉を進めていたようだ。
 なのに、最終的な取材先(名前も分からないと言う)へのアポをボクに韓国語で取って、打ち合わせて欲しいと言うのだ。それもチャットで。通訳(コーディネーター)が間に入っているのにヘンな話なのだが、先方は日本人とのオンラインでの打ち合わせがないと、不信感があるのか取材には応じられないとのこと。う〜ん、良く分からない。「初めてのお使い」だ。
 韓国人とチャットで最終打ち合わせ〜。辞書がないとボクの実力ではこなせないし(日常会話がせいぜいだよ)、チャットのスピードで読み書きできるかな(こっちは人差し指入力で応戦だ)。議論好きな韓国人である。話がこじれたらボクの責任になるじゃないか……。しかも、別ワクでスペースを取ってあるから、ボクに書いてくれというテーマが竹島(独島)の領有権問題。娯楽誌の中で取り上げるテーマとしてもそうだが、個人の見解を明らかにする記事にはならないだろうから、無署名で仕事をしようと思う。ボクが直接韓国へ行くわけじゃないし、ちょっと腰が引けるなあ。

 

1月27日 今日は自分としては朝ちゃんと起きた(サラリーマンより遅いですが)。ちゃんと午前中から仕事すると気持ちいいね。午前中に、ようやく『2ちゃんねるぷらす』(コアマガジン)の編集者と連絡が一時的に取れるが、その後連絡が取れなくなった。今回は少し手伝うという感じの軽い仕事だけど、詳細がまだ解らないのが恐いよ(「初めてのお使い」みたいな話にはなってる)。何のことだか解らない人には今度報告します。

 

1月26日 今日は眠れないでそのまま起きていた。去年末にやった新木場ageHaでのライブ映像をDVDにするための動画編集をせっせせっせと。タイトルやスーパーなどを入れて大体まとまった(20分ほど作るのでもレンダリングやオーサリングって時間かかるな〜)。
 急なオファーで一応まだ調整中だけど、2月27日に渋谷のクラブasia NEOでライブをやることが決まりになった。詳細はトップページでお知らせします!

 

1月25日 Dの字さんをソファで眠らせたまま、ボクは寝室でずっと倒れていた。夜7時くらいに起きてみると、「書き置き」が。どうやら夕方4時くらいに帰ったらしい。悪いことをしてしまった。ボクは二日酔いが直らず、今度はソファでまた寝込んでしまう。寝てばかりだ。TBSのドラマ『砂の器』も見忘れて残念。
 今日のアクセス数が1000行っていて驚いた。最近微妙にだが、ホームページへのアクセス数が増えているような気がする。もちろん増減はあるんだけど。前って一日300〜500アクセスってところじゃなかったっけ。
  毎日見てる人も中にはいるだろうけど、急にコンテンツが増えたわけではないから、たぶん新規の人が代わる代わる訪ねてくるんだろう。どこかからリンクされたのかもしれないので、しばらくすれば落ち着くのかな。
  メールもたくさん来るが、なかなか返事が書けないでいて、申し訳ありません。

 

1月24日 今日はDの字さんと会った。ライブ会場で二回会って、三回目だよ。彼が出張で上京してきたので、仕事が終わった後で待ち合わせ。都内某所のコリアンタウンで会って焼肉などの食事をした後で、別の店に行って、また別の店に行って、家に来た。今眠っているよ。ボクも寝るところだよ。

 

1月23日 いよいよ長野県庁に行くつもりになっているが、ボクとしては長野県民・市民の皆さんに迷惑をかけたくないので、報道機関による質問案件が多くありそうな時期に行くのは悪いかな、と迷っている。よく見計らわないとな(本当は寒いからかも)。オイッ康夫、お前が皆さんに迷惑かけてるってことだぞ!

 

1月22日 今日もダメな一日を送った。じつはしばらく「準禁酒」状態を続けていたのだが、ストレスに負けてか最近飲酒している。昨日飲み過ぎちゃって、今日は二日酔い状態でヘロヘロだったのだ。早く真人間になりたい。

 

1月21日 今日は一日寝たり起きたりでした……。あまり他者とのコミュニケーションもなかったよ……。、

 

1月20日 今日は遅くになって『2ちゃんねるぷらす』(コアマガジン)から連絡があった。どうやら韓国人とチャットで打ち合わせすることになりそうだ。オンラインなのでヒヤリングとスピーキングに関してはさておき、「チャット」と言われるよなスピードで読み書きして相手とやり取りできるのか、かなり不安がある。
 しかも激しく気が重いのは、テーマが竹島(独島)問題だからだ。絶対に話し合いにならないだろう。まだ詳しくどの範囲で「仕事」すればいいのか不明なので、明日以降編集者から話を聞くつもりだ。

 

1月19日 今日はお昼寝ばかりしていた。ダメだなあ。ライブも終わったのでお仕事モードに突入しないといけないのだが、どうにも腰が重い。ところが、日付が変わったあたりで『2ちゃんねるぷらす』(コアマガジン)の編集者からメッセンジャーで連絡が入ってきた。向こうが終電ギリギリで連絡してきたので、続きの話は明日詳しく聞くことになった。また仕事になるといいな(ハングルがらみのようです)。

 

1月18日 今日はTBSの日曜劇場で『砂の器』が始まるので、楽しみに見た。『Kの器』の原点になった大好きなミステリーだからだ。感想。う〜ん、ちょっと…違うかな。設定を現代にするのは無理がある気もした(戸籍の売買なんて今でもあるのか?)。有名な作品なので、ネタバレは許してもらいたいけど、繰り返し流れる親子のお遍路さんの映像。今回は事件発生が2004年1月で主人公の中居君の年齢設定が31歳になっているわけだが、約20年前にお遍路さんなんかポピュラーだったか?
 親子に何があったことにするのかな? ライ病じゃなくてエイズかい?
 松雪泰子の登場に悪い予感が高まっていく(まさか恋愛ドラマの要素も盛り込んでみるつもりかよ)。ラスト……。芥川也寸志の名曲『宿命』が映画『砂の器』のメインテーマだったんだけど、今回、番組が終了してスタッフロールが出ると、タイアップ主題歌のドリームズ・カム・トゥルーが流れだしてコケました(夢はかなう、か)。曲名は『やさしいキスをして』だって(爆笑)。

 

1月17日 恐れていたことが起きてしまった。目が覚めると自宅の寝室にはいたが、リハーサルの予定時間になっていた。あわててライブハウスに連絡を入れ、1時間程度で行きます、と謝る。結局、バンドはリハーサルをしたものの、ボーカルは本番一発でやることになった。
 お客さんはけっこう入っていたが、控え室がライブ会場から少し遠かったので、他のバンドさんたちのパフォーマンスを全部見ることはできなかったのが残念。
 ライブ開始は少し時間が押していて、プレイはギリギリの時間でやるしかなくなってしまっていた。悪い予感はつのるばかりだ。ライブ開始。カーテンが上がるタイミングが合わずにあせった。この時点で頭の中が白くなってしまう。そしてライブでは2曲くらい歌詞を忘れて(それも今までにないくらい、すっかり忘れた)、皆さんには申し訳ないばかりだった。反省点の多いライブだった。
 ボクはボクでそんな感じだったが、ギターのヒデ君もプレイには満足できていない様子だった。冷静にこなしていたのはベースのシン君だけだったのかもー。曲数を8曲に設定したのも少しアップアップだったので、曲数を減らしてMCを多めに入れたほうが良かったかもしれない。
 最後に、このホームページを見てライブに来てくれた人には満足な対応ができなかったことを申し訳なく思っております。もう神経がギリギリだったんです(プレゼントまで持ってきてくれた、アナタ。ありがとう)。
 この日、デジタルカメラを忘れてしまったので、写真はベースのsin君のHPを見てください。

 

1月16日 ライブ前日の練習日だった。時間は何と22時から24時の2時間。強引に仕上げて、家に帰ったのだが、ボクは地下鉄がなくなってしまったのでJR某駅から歩いていた。すると、ハングル文字で「いらっしゃい」という看板。お腹も少しすいていたので、飲食店に入って、一杯飲んで帰るつもりで、ママさんとは片言の日本語と片言の韓国語で話していた。
  ところが、次に入ってきたお客さんから声をかけられた。「宅さんでしょう」と。長野県知事・田舎康夫との対決の話をふられたので、応じて大量飲酒しまった。その後の記憶がほぼない……。

 

1月15日 今日は仕事はあまりしないで(いかんなあ)、今度のライブでやる曲の歌詞を覚えていた。結局忘れてしまうんだろう(今度やる曲は伴奏が同じリフの繰り返しが多いので、忘れると本当にどこを歌ってるかわからなくなってヤバイ)。
 それから去年末にやった新木場アゲハでのライブ映像の編集をずっとしてしまった。できればDVDにして、今度のライブ会場で発表したいと思ってさ(ちょっと間に合いそうになくなってきた)。結局、仕事はあんまりしていないのに、来月には住んでいる賃貸マンションの契約更新があるので、不安だ。

 

1月14日 今日はハチロックのキーボード・キーコちゃんのバンド「ぴんくりきゅーる」のライブを原宿のライブハウス「ルイード」に見に行った。待ち合わせていたドラムスのアクビちゃんといっしょに鑑賞。とっても元気でポップなバンドで楽しかったです。
 ボクからすると、とても懐かしいサウンドを聴く思いがしましたね。マニアックなファンもついているようで、フロアではキーコちゃんたちメンバーさんも人気者してました。



キーボードの可愛いキーコちゃん(右 in 原宿ルイード)。一緒に見に行ったアクビちゃんと(左写真)

 

1月13日 どうも風邪気味で一日ダウンしてしまっていた。体調が悪いと精神的にも色々不安になる。2004年の展望が見えない(2003年も展望はなかったが)……。テレビで韓国から入ってきた疑惑が濃厚な鳥インフルエンザの報道を見て、心配になる(でも風邪とインフルエンザの違いがわかってないような人間なんですけどね→病理学とかのレベルじゃなくても)。

 

1月12日 今日はハチロックの練習日だった。久しぶりのスタジオ入りで楽器の生音を聴くと、パソコンやラジカセから聞こえてくる音とはそりゃ違うので、とまどってしまった。それぞれのパートが忙しい中での参加なので、あるメンバーが「この曲はちょっと待ってください」と言うと別のメンバーが別の曲を「この曲は次回にしてください」となったりして(う〜ん)、新しい曲全部は練習しきれなかった。
 不安は次回に持ち越しになる。まったく手をつけていない曲で難しい曲が残ってしまっているのだ。で、次回の練習というのが、ライブの前日だから修正ができるのか、という不安もある。まあ、Dの字さんが心配してくれそうだけど、ボーカルの歌詞忘れが一番問題なんだけどね(笑い)。
 帰りにギターのヒデ君を誘ってタイ料理を食べて酔っぱらって帰ってきました。

 

1月11日 今日はTBS『サンデージャポン』にビデオ出演した。ただし、ボク自身は見逃してしまった。『イカす!おたく天国』(大田出版刊)時代には、自分がメディアに出たモノに関しては活字であれテレビであれ、すべてチェックしていたが、その後はかなりいい加減になっている。普通のタレントさんも多分そうだろう。
 ましてインターネットの時代になってからは自分のことがどう取り沙汰されているか、など完璧にはチェックしきれない(だから、みなさん、掲示板などで教えてもらえると助かります)。
 明日が今年で初めてのバンドの練習なのだが、増やした曲が消化できるのか不安を抱えている(歌詞も全部覚えきれない……みんな、ごめんなさいっっ)。

 

1月10日 今日は急な来訪者があった。アイドル掲示板にも姿を現すともっちさんだ。自宅でしばらく話をした後で、いっしょに足立区にある「スタミナ苑」に行った。本当に年を越しちゃって、ようやく行けたって感じだなあ。お店には元総理の父の代からの常連らしい小渕優子さんの選挙用ポスターなどが張ってありましたよ(笑い)。

 

有名店「スタミナ苑」は康夫も来るらしい店だ(in 足立区鹿浜→ちょっと電車で来るにはキツイ)。

 

左写真はハラミですね。右写真は最後に食べたユッケジャンです(あ、その後デザートも食べたっけ)。

ものすごく混んでいるかと思ったら、10分も待たずに店内に入れた。味は良かったですよ。焼肉のオーダーはともっちさんにまかせて、各種食べた。最後にボクが食べたかったユッケジャンを頼んだ。すごくコクがありましたが、そんなに辛くはなかった。また行きたいな。
 夜、編集者が打ち合わせのために自宅を訪ねてくるハズだったのだが、やはり現れず(その人、そういう人なんです)。

 

1月9日 今日は部屋を何とか片付けていた。夕方と夜のあいだくらいに、自宅でTBS『サンデージャポン』のビデオ収録があったためだ。自宅での収録は久しぶり。今度の日曜日に放送されるだろう。編成の関係で同番組としては今年初めてのオンエアだと言う。ボクのコメント内容? 視聴者のみなさんへの新年の御挨拶と、田中康夫へのメッセージに決まっているでしょう(笑い)。あと、予告もね(フフフッ)。
 夜に長野県知事を痛烈に批判するメルマガを発行する「追撃」さんから(じつは昨日に続けて)電話がかかってきた。以前ボクが某誌で発表して一部で話題になった田中康夫の約1億円にものぼる借金問題について、その後、県知事になってから返済しているなどの話をした。ボクの提供した「材料」と共に興味深い話が続々掲載される予定だ(リンクコーナーから飛べますよ)。

 

1月8日 今日は眠くて眠くてたまらない一日だった。一日遅れで上京の疲れが出たような…(そんなに遠くじゃないだろ!)。結局お昼寝ばかりしていたダメ人間がボクです。仕事上の連絡が取れずに申し訳ない人もいた…(フリーなんだからしっかりしなきゃ)。
 年末にライブがあって部屋を散々散らかして、そのまま年末年始帰省をしてしまったために、今ボクの部屋は崩壊状態になっている。夜にちょっとだけ、お友だちが片付けを助けに来てくれた。明日は自宅取材があるので、人が入るスペースを作らないと。

 

1月7日 上京が世間から少し遅れたために「滞っていた連絡事項」が、今日は山積み。仕事上の対応などに追われた。とか言いながら、年賀状は今年も一枚も出してないんだけど……。
 夕方になってようやく、あたふたと次のライブで増える曲をCDに焼いて、ハチロックのメンバーに郵送した。夕方になってしまったために、明日届く人と明後日届く人が出そうだ(ごめんなさい)。曲が増える分、歌詞を覚えないといけないのが不安……。
 その後は年末、新木場クラブageHaでやったライブのビデオテープをパソコンに取り込み、編集の前段階くらいをやった(不慣れなのと優柔不断で編集で迷うほうなので手間がかかりそう)。

 

1月6日 ようやく上京して東京の自宅に戻ってきたよ。東京に戻ってくる時に途中下車して、お友だちと会って「横濱カレーミュージアム」に行った。ラーメン博物館は何度か行ったことがあるが(ジャニーズのコンサートを横浜アリーナで見た後など)、カレーミュージアムは初めてだった。
 ハーフサイズの「お試しメニュー」があったので、店を2軒選んで入ることができた(大食漢の方なら3店舗イケルだろう)。お友だちと2人だったので、4種類のメニューを味わうことができた(正確にはセットがあった関係で5種類のカレー)。
 最初に入ったのは、インド料理店の一つ。チキンとマトンを頼んだが、ココは特筆すべきコトはまったくなかった(問題がない)。二軒目に入った「ハマカレー」という店がすごかった。テレビ番組でも有名な、学校法人服部学園理事長・服部栄養専門学校校長・医学博士・服部流割烹家元の(疲れたよ)、服部幸應(ゆきお)先生のサインが店先に飾ってあった。
 勇気を出して頼んだ結果出てきたのは「服部家に伝わる明治18年当時のカレー」というシロモノ。もう一種類の比較的普通のカレーとのセットだ(友だちが頼んだもう一品は中華風のドラゴンカレーという、コレもヘンなカレー)。店員さんの説明では「服部カレーはスパイスを使っていないので普通のカレーに刺激が負けてしまいます。お先に食してください」とのこと。「スパイスが…入ってない?」。食べてみた。

 

左写真は、奥がどこか酢豚のようなドラゴンカレー、真ん中が「服部カレー」、手前が忘れたカレー。右写真は「服部カレー」のアップ(in 横濱カレーミュージアム)。

 「118年ぶりに甦った!!」というコピーのとおり、とてもカレーとは思えないカレー。小麦粉の存在感だけがすごかった。世のカレー好きは絶対一度味わっておくといいだろう。二度と味わいたくなくなるコトだろう。
 行く店の順番を間違えたと後悔しちゃった(後がインド料理のほうがイイよ)。帰りにレトルトカレー・コーナーに行って、レトルトにしては恐ろしい値段(900円)のアジャンタ(南インド料理店)のマトンとこのミュージアム「究極のカレー」を買ったよ。その後、本当に口直しに喫茶店へ行って、日付が変わる頃にようやく自宅に帰りました。

 

アジャンタのマトンカレー(左)と究極のカレー(右)。

 2004年になって初めてパソコンを起動して、このホームページを見てビックリ。昨日のアクセス数が2193になっている。2000を超えたのは去年、長野県庁ライブを受けて2ちゃんねるで「夏祭り」になった時以来かな。テレビは出てないと思うし、何があったのか、理由が良くわかりません(誰か教えて)。

 

1月5日 実家でリハビリ。世間が新年始動の日にまだ休んでいたわけだ。まあ、ボクが冬休みに入ったのが大晦日だから、イイだろう。

1月4日 名古屋に日帰りで遊びに行った。ボクの実家は静岡県でも浜松市なので(県西部)、名古屋はけっこう近いんです。

1月3日 実家でリハビリ。

1月2日 実家でリハビリ。

1月1日 明けましておめでとうございます。みなさん、今年もハチローをよろしくお願いいたします。

 


BACK/過去の雑記