身辺雑記

 

●2005年1月分


2004年度分
[12月1日〜12月31日]
[11月1日〜11月30日]
[10月1日〜10月31日]
[9月1日〜9月30日]
[8月1日〜8月31日]
[7月1日〜7月31日]
[6月1日〜6月30日]
[5月1日〜5月31日]
[4月1日〜4月30日]
[3月1日〜3月31日]
[2月1日〜2月29日]
[1月1日〜1月31日]

2003年度分
[12月1日〜12月31日]
[10月29日〜11月30日]
[10月1日〜10月28日]
[9月1日〜9月30日]
[8月7日〜8月31日]
[7月5日〜8月6日]

 

 

2月3日 ソウルでは東大門市場のファッションビルは午前5時までやっている。またホテルからすぐの南大門市場は午前6時に開いている。結局昼夜逆転の旅行者は朝早い航空便か最終の航空便で帰ってくるのがよさそうだ。
 この日も最後の買い物を朝7時くらいに済ませてから、午後3時まで眠り続けた。それからホテル近くのバス停で仁川国際空港直行のバスを待つ。本当に立地の良いホテルだったなと実感(オンドル部屋をわざわざ予約したし)。そして仁川を18時40分に出発する大韓航空機最終便でボクは帰国した。
 成田着は21時頃だったが、空港で再入国の手続き、さらに重い荷物を宅配便で自宅に送る手配をして、自宅に戻れたのは日付が変わる前だったよ。
 それからが大変なことに。部屋のPCを起動させ、このホームページを開いた。そして、アイドル掲示板へのレスをひたすら書き続けていてさ……。

 

雑然とした雰囲気の南大門市場。右はボクが韓国に来ると必ず飲んでいる「松の目」という名前の不思議なジュース(ロッテ)。最初に飲んだ時には「何だコレは…」と思うのだが、なぜかハマってしまう味だ。他のジュースより少し高いが、自動販売機でもどこでも売ってるから、行った人は飲んでみて。

そしてボクは韓国の地を後にした……。

 

2月2日 朝っぱらの6時に南大門市場が開いたので、歩いて買い物に出かけた。その後一度仮眠。起きてからは一日、ソウル市内・ソウル市民を取材した。前日まで世話になっていたスタッフがいないので、取材風景の写真(やビデオ)がない。外国人を信用していないわけではないが、見知らぬ人に高価なデジカメを渡してシャッターを切ってもらうのは腰が引けた。こう言う時は回転レンズ式の自分撮りデジカメ(&コンバージョン広角レンズ)にしておけばよかったかな、なんて思う。
 外国人と言えば書き忘れていたが、前日にソウル市内の地下道で道が分からなくなったので、3人連れの若い女性の1人を呼び止めて韓国語で「〜へ行きたいのですが、どちら方面に行けばイイですか?」と尋ねたら、「あの〜、私日本人なので全然分かりません」と日本語で言われた。さらに連れの女性は「宅さんだー」とか言っている。
 そう言えば、ロッテ百貨店や路上で日本人観光客から何回か「写真をいっしょに撮ってくれ」と頼まれたんだった(取材のキッカケになればと思い、いつでもマジックハンドを持っていたから気づく人多数だった)。見かけじゃ韓国人も中国人も日本人も区別なんかつかないよ〜。
 ところで今回免税店でショッピングの際に見てみたら、CANONのIXYは韓国ではIXUSという名称で売られていた(免税店なのでもしやと思い、調べてみたら世界標準の名称のようだ。何か商標上の理由があるのかもしれない)。
 夜は韓国式のフグ鍋を食べた。激辛のメウンタンではなく、あっさり味の「フグチリ」にした。

左がボクが使用しているIXY 50。右が世界標準のIXUS40(表示の違いをよく見てね)。まったく同じモノだが、4.0メガピクセルなので、IXUSは40という型番になっているようだ。

 

2月1日 朝早く起きて「板門店ツアー」に参加。板門店には誰でもいつでも行けるわけではなく(韓国人は行けない)、大韓旅行社が主催するツアーに事前に予約して(国際電話で予約してあった)パスポートを携帯して参加することになる。参加の際には「万が一のことがあって死んでも自己責任でよろしく」のようなコトが書いてあって、署名しないといけない。
 あまりに寝ぼけていて集合場所の大韓旅行社カウンターから現地に行ったバスの中のことはよく覚えてないよ。ただこのツアー、「あれはダメ、これはダメ」が多すぎ(ボクの長髪が北を挑発するんじゃないかとさえ注意された)。北側から板門店には二度も来た経験者から言わせると、北朝鮮の方が自由だったぞ。
 夜は明洞の「百済参鶏湯」(ペクチェ・サムゲタン)という店で、皮・骨・肉まで黒い烏骨鶏のサムゲタン(オゴルゲタン)を食べた。精力がみなぎるよ〜♪

オゴルゲタン。中には高麗人参をはじめとした韓方薬や餅米が詰められている。サムゲタンと作り方は同じだとは思う。

 

1月31日 ソウル市内にある国鉄清涼里(チョンニャンニ)駅から京春線で約2時間の距離にある春川(チュンチョン)へ行った。ツアーでは高速バスが使われることが多いが、やはり電車が旅気分でイイね。車窓から見える景色は、のんびりした農村風景や川の流れなどだった。春川は『冬のソナタ』のロケ地として一躍有名になった場所だ。最も有名な南怡島(ナミソム)へ渡し船で渡る。この日の取材も「探偵ファイル」のためだった。
 夜は春川が発祥の地と言われるタッカルビ(鶏のカルビ)とマッククス(冷麺に似ている麺)を楽しんだ。おいしかったなあ。現地にホテルもあるが、スケジュールの都合で夜遅くにソウルまで電車で戻った。ホテルに戻ったのは日付が変わってからだ。疲れたなあ。

江原道春川にて。左/タッカルビ、右/マッククス。

 

1月30日 日曜日だった。ソウル市内の某音大の日曜休日を利用して、校舎の音楽室に侵入して(もちろん現地スタッフに手配はしてもらってるよ)、生まれて初めてグランドピアノを弾いた。まあ何のことか分からないと思うが、「探偵ファイル」で発表するのでお楽しみに。昼食はスタッフとソルロンタン、カムジャタンを分け合って食べた。

 左/ピアノを弾くハチロー。左下/ソルロンタン、右下/カムジャタン。



 夜は知人たちと待ち合わせ。ところが、そのうちの一人が急に来られなくなって、会えなくて本当に残念だった。残るメンバーでペ・ヨンジュンをはじめ韓国の芸能人が訪れることで有名な焼肉店パクテガムネへ行く。もちろん予約済みだ。場所は江南というセレブな立地でサービスも最高だが、お値段も高かった。最高級韓牛の焼肉をたっぷりと楽しんだ後には、店自慢のカルビタンを食べてなお満足満足。

パクテガムネはヨン様御用達の焼肉店(江南区)。左/最高級の韓牛、右/カルビタンも最高。

 

1月29日 ジゴロでの勤務を終えて、大急ぎで自宅に一度戻った。旅装のことを考えるとそうせざるを得なかったのだ。一時間ほどの空白時間を何とか使って、急いで成田空港へ向かった。
 京成スカイライナーの中、あるいは成田空港から仁川国際空港までの飛行時間に少しだけ仮眠できた。空港からソウル市内へのバスでもうとうとしていた。
 一年数ヶ月ぶりの韓国だったが、いざ到着してみると血が騒いだ(日本純血種ですけどね)。いつもホテルは行ってから考えるいい加減なボクだが、今回は予算も組まれていたので南大門市場近くのホテルを取ってあった。理由はオンドル部屋(朝鮮半島特有の床暖房です)があったし、交通の便が良かったからだ。地下鉄会賢駅までは徒歩1分。明洞までも歩ける距離だし、東大門市場も遠くはない。
 まずは道路を渡って南大門市場へ行き、キムチ以外のお土産物を先に調達した。最終日にあせって買うのはイヤだったからな。ボクが行きつけにしているのは南山商会というお店だが、店には朝青龍や氷川きよしの写真とサインが飾ってあった。やはり評判のお店なんだろう。



南山商会(ナムサン商会)は南大門市場の第6ゲートを入っていったところだよ。

 夜は現地の友人とホテルで落ち合って、市庁近くの湧金屋(ヨングムオク)というドジョウ屋に行った。日本の植民地時代1932年に創業した老舗のお店だ。前に来た時から内装に少し手が入れられていた。ドジョウ汁(チュオタン)にはドジョウをまるごと使う激辛のソウル式と、すりおろして使う慶尚道式があって、両方頼んでみた。やはりうまい。しかし難点はものすごく分かりにくい場所にある点と日本人観光客が来ることを前提にしていない店なので、日本語も通じなければ日本語のメニューもないことかな。
 まあ初日はそんなもんだった。



左がソウル式、右が慶尚道式のチュオタン。

 

1月28日 今日はハチロックのライブだった。あまりのハードスケジュールだったので、ボクだけリハーサルを許してもらって、本番にのぞんだ。声をかけたら、けっこうお客さんが来てくれたので、うれしかった。
 ライブ終了後は事務所に呼ばれて精算をしたが、そこそこの売上げになっていたので、メンバーに少ないけれども還元した。そしてそのままジゴロに行くつもりだったが、わずかの時間を惜しんで一度自宅に帰ってきた。荷物を置きたかったし、デジカメのメモリーからデータをバックアップしておきたかったのだ(明日から韓国取材なので、メモリを一度クリアしたかった)。
 そんなわけで今からジゴロに出勤シマース!

ハチロック・アイドルライブ(in渋谷club ajia P)。

 
 

ベース(sin君from Diablo)(sin)。キーボード(キーコちゃん・キーコの部屋)。ドラムス(網タイツがセクシーだった、さよちゃん)。ギター(じょー君from三角)(じょー)。今回はドラムスとギターにサポートしてもらった形になった。

 

1月27日 朝、ジゴロでの営業が終わって帰ってきた。やることをやっていて、そのまま精神科のクリニックに薬を取りに行った。恐ろしく眠いのに睡眠薬を取りに行くのはシュールだったよ。ところが、韓国取材の旅行会社がアホで手続きの間違いがあったので、午後3時まで連絡待ちをしていて眠れなかった(ボクを殺す気かー)。当然その後はずーっと、えんえん倒れてしまったよ。
 さて、最新号のホスト情報誌『マルマル』に、11月にやったオールナイト・ホストライブでのハチロックのレポートが掲載されていた。記者に聞かれて「まあハチロックはわりとパンクですかねー」とか言っておいたら、記事では「自称、パンク姿」とやや意地悪な表現をされちゃった。あの日の衣装はじつはセディショナリーズ(初期ヴィヴィアン・ウエストウッドですね)だったんだけどね。
 また『週刊女性』(主婦と生活社)2月8日号を確認したら、確かにゴールド勤務になっていて、しかも「ほぼ毎日出勤らしい」と書かれている。直接確認してくればいいのに〜。在籍はジゴロだし、毎日出勤したら死んじゃうよ〜。
 深夜23時55分からTBS『オオカミ少年』に出演。モノスゴイ収録は長かったが、たったあれだけに短く編集されてしまうんだよね。「クイズ形式の番組なのでホームページでの公然とした告知はしないで欲しい」と番組サイドから言われていたので、きちんと予告できなくて見逃した方、ごめんなさい。テレビ出演の影響か、ホームページのアクセス数が増加。

 

左、『maru2 マルマル』2月9日号(ナイタイ出版)。右、『週刊女性』2月8日号(主婦と生活社)。

 

1月26日 ジゴロ出勤。しかし、いつもに増して客足は遅かった。数組のお客さんが入った後で同僚のホストさんに誘われて、同業ホストクラブに連れられて行った。ちょっと酔っぱらってしまった。ジゴロに戻ってみたが、客足が遅いのではなく、今日はヒマだった。それでも席回りは何とかボクなりに工夫してみたが、なかなか苦労は多い。
 営業終了近くになって、人事担当の責任者に「話があるんですが」と呼ばれたので、何かマズイことしちゃったかなと思ったら、このホームページに求人広告を出してくれないか、という提案。世話にもなっているし、別に問題はないと思うので承諾した。

 

1月25日 チャット状態のメールをやっていたので、朝まで起きていた。それから寝たのだが、眠りすぎで目覚めたのは夕方だった。以前ならかなりの自己嫌悪に陥ったハズだが、今はホスト業をしているので、昼夜逆転もまあイイか、という気分。
 それから韓国へ国際電話をかけて予約関係の確認。電話で韓国人と話してみて、自分がかなり韓国語を忘れているのに気づいてあせる(ヤバイよ〜)。銀行を回って日本を離れる前に入金しないといけない所に振り込みなど。
 韓国取材がらみのファイルを整理したり、ネットで現地詳細地図をダウンロードして、印刷した。そんなこんなで、また昼夜逆転。

 

1月24日 午後に起きて、韓国取材のための最終確認を電話で各所にした(今回コーディネーターがいないので、全部自分でやってる)。その後、やはり韓国取材のための買い物に渋谷へ行く。途中でデジカメのソフトケースも購入。あちこち回って、ご飯を食べて帰った。
 自宅でこまごまとしたコトを片づけていたら夜中だよ〜。部屋は片づけられずに崩壊してるけど。一段落して、遠方の人と連絡取っていたよ。

 

1月23日 午前のTBS『サンデージャポン』に出演したはずだが、リアルタイムでは見られなくって、夕方くらいまで寝込んでしまった。その後で秋葉原に行って新しいデジタルカメラと予備バッテリー、メモリーカードを購入。じつは自分撮りにこだわってSONYの回転レンズ式F88を買おうと前々から思っていた(自分が好きなのか、盗撮したいのかは御想像におまかせします)。ただ製品情報を見ると、光学3倍ズームにしたためか、レンズが暗いらしいことが分かってやめた(手ブレが怖いので)。
 結局、購入したのは以前長く愛用していたCANONの新モデルIXY DIGITAL 50。3倍ズームだ(ボクはハチロックのライブを人に撮影してもらう都合で光学ズームが欲しいんです)。デジカメに詳しい方、ボクの選択がどうだったか教えて(買っちゃった後だと少し解説聞くのが怖いけど)。
 夜は人と長電話をしながら、ヤフオクで商品を落札していたよ。

 

1月22日 午前1時にお客さんとそのお友だちに会う。そしてジゴロには午前2時過ぎに出勤した。一人がボクのお客さんとしてボトルを入れてもらい(幹って言います)、もう一人はフリーの形でお店のホストさんたちを選んでもらうようにした(枝って言います)。
 最初はもちろんボクが接客するようにしたが、それだけではいけない。前の勤務の時にはうまく席回りができなかったので、今日は何とか回れるように努力した。最後にボクが戻り、お客さんたちは6時頃に帰っていった。
 ところが週末のためか、お店はにぎわっていたので、ボクも残業をすることにした。しかし、本当のラストまでいるのは大変なので適当なところで切り上げて帰宅。家について一息したら午前10時になってしまった。
 そしてお昼近くになって、ようやく睡眠薬を飲んで眠ったのだが、なぜかお昼過ぎに起きてしまった。何か身体の異常を感じる。その後は寝直したが、本当に寝たり起きたりで「一日死亡」みたいになっちゃった。

 

1月21日 今日はどこにも行けずに寝たり起きたりだった。まあ夜勤の日だからいいっか。18時、TBS『サンデージャポン』の取材スタッフがやって来た。今度催されるサッカーの「日本対北朝鮮」戦についてのコメントで、1時間程度で収録終了。かなり適当だ。今度の日曜日に放送される予定だ。
 21時から池袋のスタジオでハチロックの練習があるので、もうすぐ家を出る。新曲があるので緊張だ。その後はお客さんと同伴を楽しんで、日付が回った午前2時頃ジゴロに出勤する予定だ。

 

1月20日 ジゴロでの営業では、うまく席回りを出来なかったので、反省することしきり。それでというワケではないが、朝方はがんばって残業した。午前中に自宅に一度戻ったが、やることをやっていて、さらに浅草に出かけたりして、戻って眠りについたのはお昼だった。
 夜の19時過ぎに目覚める。何も出来ないなあ。ホスト出勤の翌日をうまくコントロールできるようになりたい。
 TBSの深夜番組(23時55分〜)『オオカミ少年』に、以前ジゴロや秋葉原で収録したボクのホスト姿が登場するという情報があったが、放送を見ると今回は出ていなかった。あの番組はネタを繰り越し繰り越し収録・放送しているようなので、来週か再来週に出るのだろう。楽しみにしていた方、ごめんなさい。

 

1月19日 お昼前に起きた。午後からお出かけ。今日はようやく眼鏡を作ることができた。ちょっとヨン様を意識した新しい眼鏡だ(笑い)。銀ブチだけどね。コレに関してはまた報告しますよ。
 今日「あれこれ」の山中登志子からトンデモないメールが届いた。知らぬ存ぜぬの一点張りで、最後には「今後、この件についてメールの返信も打ち切らせていただきます」と書いてあった。
 冗談じゃない。これがかつて『週刊金曜日』に在籍し、『買ってはいけない』を編集し、『月刊あれこれ』を創刊させた人物の言葉なのか! 今までの「企業批判」や行政などのお役所的体質「批判」は何だったのか。ボクはこれで納得するつもりはない。
 夜はジゴロ出勤。同伴があるので、少しだけ早く家を出る。

 

1月18日 いつの間にかソファで眠ってしまい、夜明け前に起きた。コンビニで朝ご飯を買ってきて食べ、午前中は雑事をこなしていた(仕事もだけど、お洗濯とか色々だよ)。寝直そうとしたが、悩んでしまったのか、眠れないので午後からお出かけ。お直しに出していた洋服を受け取ったり、パソコンのサプライ用品などを買う。
 夜に家に帰ってきたが、ちょっと色々あってすぐに眠ることができなくなって、長電話した(こんなボクでも色々あるんですよ〜)。イイ方向に行けばいいなー。韓国取材が楽しみだ。

 

1月17日 メールを9日に出したのに「あれこれ」の山中登志子は返事一つよこさない。そこで再度、メールを送る。以下のような内容だ。
 まず、本当にカンベンしてください、と伝えた。そしてボクと大泉実成がハッキリと記憶していることを、山中が記憶していないなどと言っていることが理解に苦しむとも。
 前のメールでは本多勝一の問題について質問していたのだが、あらためて回答を求めた。
 最後に、再度プリンター代金を支払ってくださいと記し、「ボクに『あれこれ』の被害者になれ、とでも言いたいのですか?」と結んだ。

 

1月16日 今日は午前中に起きて、『サンデージャポン』を見た。じつは夜型なのでリアルタイムに見ていたことって少ないのだ。スーツ姿での出演だったのは出勤前の収録だったからだ。
 少しお昼寝してしまったが、夕方くらいからお友だちとお買い物に出かけた。街はセールの真っ最中で、お安くなっていた。ボクもお友だちもお気に入りのお洋服をゲットしたよ。夕食はいっしょに池袋でタイ料理を食べた。冬に食べるエスニックも美味しかったなあ。

 

1月15日 ジゴロの客足は極端に遅く、しばらくホストさんたちと待機していた。そうしたら、あまりの睡眠不足にうとうとしてしまい、「宅さーんっ」としかられる(ダメだよね)。後半はまずまずお客さんがやって来た。その中にハチロックを知っていて、ボクをたずねて岡山から来た二人組のお客さんがいて、うれしかった。しばらく東京のお友だちの家に滞在するらしい。また来てね。
 朝まで働いた後、自宅に戻って眠ったのは午前10時くらいだった。夕方起きて、ようやく作った眼鏡を取りに銀座に行ったりした。

 

1月14日 今日は睡眠薬の効き目が悪かったのもあったのか、午前中起きてしまい、動いていた。まず歯科医院で保険のきかない治療を受ける。その後で、銀座・秋葉原とお買い物に行く。夕方に帰ってきて、夜勤に備えて2時間ほど仮眠。
 夜22時から久しぶりになるTBS『サンデージャポン』のビデオ収録をした。ネタは「北朝鮮と長髪」。今度の日曜日に放送されるよ。
 終電でジゴロに出勤だー!

 

1月13日 朝、仕事を終えて自宅に戻ってきた。やることをやっていたら、そこそこ眠るのが遅くなってしまい、結局数時間の仮眠しか取れなかった。それでもがんばって外出し、「モノ探し」。夜、食事をして自宅に戻る。一瞬倒れたが、人からの電話で起きる。韓国渡航の手配がまだ終わらないのが心配だ。
 また今日もアクセス数が1万ヒットを超えているね。睡眠不足のまま、人とメールをしていたよ。

 

1月12日 今日は午後から夜まで、韓国渡航の手配や取材準備に追われた。外出先から一度夜に戻って、食事をした後、終電でジゴロに出勤。今日は責任者と話をして、今後の勤務に関して取り決めをした。週二日出勤、水曜日と金曜日(実際には木曜日と土曜日)になった。また出勤時間も午前2時〜7時という手厚い待遇となった(もちろん、実際には早めに出勤し、サービス残業も覚悟している)。
 ところで、このホームページのアクセス数が何と一日で1万1488ヒットになっている。個人のサイトとしては考えられない数字だ。本当に何があったのか、知らないので誰か教えて欲しい。

 

1月11日 今日は本当に疲れた。午前中に起きて、月末から行く韓国取材の調整や手配などなど。またお友だちから「今売っている『マルマル』に宅さん出てるよ!」と聞いて、本屋さんで『マルマル』を買う。「2005年ホスト界格付けRANKING」という企画で、ボクは「抱かれたくないホスト第一位」を受賞(?)して、大きく写真が出ていたよ。
 午後から夜までは、企画に関しての動きのために外出していた。
 夜、表参道でともっちさんと待ち合わせ。あらかじめ食事の予定を入れていたのだ(少し時間を遅く変更してもらった)。そのまま、ともっちさんのクルマで品川区中延にある、伝説のラーメン屋「桃桜林」に連れて行ってもらう。看板も出ていない店だった。ラーメン屋というよりはコースでいただく「ダイニング麺」という感じのお店。美味しかったよー。
 その後で中目黒でこれまた伝説のプレイメイト(と言うより実写版『けっこう仮面』主演女優)青木クリスさんから資料を貸してもらう(お友だちなんだー)。
 遅いめに自宅に戻って、電話でいろいろ打ち合わせ。忙しい一日だった。

『maru2 マルマル』1月22日号(ナイタイ出版)。

 

1月10日 今日は午前中から一日動いていた。夜、「探偵ファイル」の打ち合わせに行く。まだ全ては明らかに出来ないが、月末に韓国へロケに行くことが決定した。お楽しみに! ところで今日のアクセス数が5000を超えている。何かあったのだろうか……?

 

1月9日 今日は午前中に起きて、お昼ご飯を食べてから出かけた。まずは銀座の眼鏡屋にメガネのフレームを見に行く。ボクの場合はかなりの強度近視&乱視なので、レンズやフレーム選びも大変なのだ。その後で上野に行き、やはり気になっている眼鏡屋にフレームを見に行く。
  ボクのメガネは去年殴られたトラブルでグラグラになっている。今日は作らなかったが、早いウチに新調しなくっちゃ。そんなこんなでアメ横をブラブラする。靴ヒモと靴下だけ買った。

 

1月8日 今日は仕事から帰ってきてから、なかなか寝なかった。どうせ月曜まで休みだからいいやと思った感じだ。じつは月末の予定を立てて動いていたりしたのだ(いずれ書きます)。しかし、やはり無理がたたって夕方から深夜にかけて寝たり起きたりを繰り返す。人間規則正しくないとダメですね。

 

1月7日 今年初めてのジゴロ出勤だった。新年と言うこともあり、まずは先輩ホストから「ホストとしての基本」に立ち返って再教育を受けさせていただいた。今日はその予定だったので、自分のお客さんは呼んでいなかった。ヘルプとしてのテーブル回りをがんばってこなす。
 営業終了間際にグループの現場最高責任者がやって来て、そのまま外出して喫茶店でお話し。今まで曖昧になっていたボクの出勤時間や出勤日数について話した。お互いにイイ意味で遠慮無く話せたと思う。話の分かる人は好きだ。

 

1月6日 東京は寒いよー。そう言えば昔は「いつかは浜松に帰りたい」と思っていた。友だちのノンフィクション・ライター大泉実成が妻子とは茨城で暮らしながら、仕事があると東京に出てくる姿を見て、少しうらやましく思ったことがある。いつかは浜松に、かー(笑い)。いつかは妻が出来て(爆)。
 仕事だが、なかなか原稿が書けずに徹夜して、商業原稿を仕上げた。以前この雑記で記し忘れていたが、『ヤンツマ』(バウハウス)という人妻エロ本で定期的に仕事をいただいている。大したことは書いてないけど。

 

1月5日 ようやく東京に戻ってきた。上京の途中でお友だちとお食事をしてきた。韓国料理屋でチゲを食べた。浜松から東京に戻って、あらためて東京は寒いと実感(浜松が温暖なだけか)。そんなこんなで自宅に着いたのはかなり遅い時間だった。
 人と連絡を取ったりしていて、日付が変わる頃、パソコンを起動してメールをチェックしようとしたら、あまりに届いたメールが多くてめまいがした。全部に返事を一気に書くのは無理だよ〜(ごめんなさい)。

 

1月4日 実家でのんびり。

1月3日 実家でのんびり。

1月2日 実家でのんびり。

1月1日 明けましておめでとうございます! みなさん、今年もハチローをよろしくお願いいたします。

 

 


BACK/過去の雑記