身辺雑記

 

●2005年7月分


2005年度分
[6月1日〜6月30日]
[5月1日〜5月31日]
[4月1日〜4月30日]
[3月1日〜3月31日]
[2月4日〜2月28日]
[1月1日〜2月3日]

2004年度分
[12月1日〜12月31日]
[11月1日〜11月30日]
[10月1日〜10月31日]
[9月1日〜9月30日]
[8月1日〜8月31日]
[7月1日〜7月31日]
[6月1日〜6月30日]
[5月1日〜5月31日]
[4月1日〜4月30日]
[3月1日〜3月31日]
[2月1日〜2月29日]
[1月1日〜1月31日]

2003年度分
[12月1日〜12月31日]
[10月29日〜11月30日]
[10月1日〜10月28日]
[9月1日〜9月30日]
[8月7日〜8月31日]
[7月5日〜8月6日]

 

 

7月31日 身体に限界が来ていたのか、昼間はソファで寝てばかりだった。深夜、のんびり屋の編集者がようやく韓国語の契約書を取りに来た。急がされていたボクは一体何なんだ。まあ彼自身の渡韓取材が予定よりも10日ほど遅れたと言うから仕方がない。がんばってお仕事してきてくだされ。
 彼が帰っていった後、徹夜でパソコンのメンテナンス。

 

7月30日 クラブgの営業中に麻生英樹代表とちょっとマジメな話をした。
 朝、フラフラになって自宅に帰還。でもやることがあったので、すぐに眠ることは出来なかった。山積みの問題がなかなか片づかない。夕方、ソファで少し仮眠したら、ちょっとHな夢を見て起きた。
 少し元気が出たので、それからまた作業をやり続けた。結局、日付が変わっちゃったよ。大丈夫か、ボク。

 

7月29日 がんばって午前中に起きて、『スター開発プロジェクト・メメプロ』(テレビ朝日)の収録に行った。前回の続編で今回はアキバチームとアイドル候補生たちが健康診断対決という企画。某病院での収録だったが女性医師が美人だったよ。しかしカメラが回ってる間もフラフラで大変、ボクが入院しそうだった(逆に見る人には面白いのか……)。放送は8月14日BS朝日、15日テレビ朝日だ。
 収録が終わって解散したのがもう夜6時頃だったが、どうしても用事があって秋葉原へ。じつはその後で、渋谷の青い部屋でアイドルオーディションの審査員、さらに探偵ファイルがオープンさせたホストクラブへの挨拶などの予定があった。
 しかし、あまりにも身体に異常を感じてムリだと判断。予定をキャンセルさせてもらって、一度家に帰った。とにかくソファで仮眠することに(キャンセルした予定の埋め合わせは必ずするつもり)。
 それでもレギュラーのクラブg出勤は外せないので、日付が変わる前に起きて終電でホスト出勤。長い一日だった。

アイドル候補生が水着になったのを見て激写。「『BUBKA』に載せちゃおっ」と脅す悪魔のハチロー。

(左)ハチロー率いるアキバ軍団(香原かりん、萌え隊)と。(右)番組サイドのアイドル候補生たちと。

 

7月28日 朝、けっこう早くお店の営業が終わったので帰路についたが、酔っぱらい過ぎた。帰りの電車では降りる駅を乗り過ごしたりして帰ってきたよ。午前中からずっと仕事。明日はお昼からテレビの収録があり、真夜中は真夜中でホスト勤務なので、昼夜逆転はマズイと考えてがんばって起きていた。
 夕方、1時間ほどソファで横になったが、「フォントの夢」(?)を見かけて、起きた。仕事だ仕事だ。今まで届いてなかったが、夜にようやく明日収録の『スター開発プロジェクト・メメプロ』(テレビ朝日)の台本が届いたよ。テレビはギリギリが多いんだ。

 

7月27日 昼夜逆転で昼間は仕事をしていた。夕方近くから夜遅くまで睡眠。日付が変わる前に起きだして、スーツに着替え、ホストとして出勤した。
 お客さんから電話が入って、今歌舞伎町のバーにいるからとのことだったので、まずはバーへ行く。その後、お客さんに連れられて同業では初めて愛田観光グループのニュー愛に。次は以前一度だけお邪魔したことがあるが、AIRに行った。ハシゴで四軒目になるクラブgにお客さんをようやく御案内できたのは午前4時半頃だった。「日の出営業」は大変だよー。

 

7月26日 やることがなかなか終わらなくて昼夜逆転。ちょっとあせっているよ。明日はホスト出勤日だし、その次の金曜日は昼間にテレビの収録もある(ホスト勤務もあるので土曜日までノンストップの予定)。それまでに少しでも仕事を進めないといけないのだが、なかなか……ね。

 

7月25日 自宅のMacでDTV(デスクトップ・ビデオ)の編集にかかりきり。完成させたらDVDにするぞー。
 夕方、用事があってクラブgの代表(麻生英樹さん)がウチの近くまで来てくれたので会う。
 ところで韓国語の翻訳だが、編集者はずーっと何も言ってこないで、日付が変わった夜中になって、ようやく日本語部分の修正箇所を指示してきた。すぐに直したけど、それっきり。あのねー。大丈夫なのかねー。

 

7月24日 韓国語の契約書……編集者が取りに来なかったよー。オイッ!
 8月のハチロック名古屋・大阪ツアーは、初の試みでドラムをマシンでやってみることになった。そこで、すでにプログラミングをベースのシン君が取りかかっている。なかなか苦労しているようで、シンさまさまだ。ただシーケンサーの内蔵メモリ容量が危ないらしいので、同じモノか後継機種をもう一台購入するかもしれない。ヤフオクで見たら出物はあるようだが、買ったらボクも使ってみようかな(しかし、ボクは楽譜が読めないんで宝の持ち腐れかもね)。

 

7月23日 朝、帰宅。すぐに韓国語の契約書作成に取りかかる。数日前はカンカンに頭に来ていたが、編集者から日曜日に欲しいとせがまれ、うなづいたボク(謝られたり頼られたりおだてられたりすると、弱いんです)。眠いけどがんばったよ。契約書なんて初めてだ。硬い文章表現なので辞書を片手に少し苦労する。お昼ご飯を食べてから仮眠。
 夕方起きて、急いで秋葉原に行こうとした。ところが地震の影響で地下鉄が止まったために地上に出てタクシーを拾おうとするが、道路も混雑していて、なかなかつかまらない。30分ほどであきらめて、もう一度地下鉄の駅に戻ると、ようやく電車が動き出していた。一時間以上足止めを食らった。
 何とか秋葉原に着いてエアコンのフィルターとパソコンのサプライ用品を買う。その後で麻布十番に用事があったのだが、動いている電車が限られていたのでルートを決めるのが面倒だった。JRも東京メトロもダメで都営地下鉄が何とか動いていることが分かり、新宿経由で麻布へ。
 ネットで知り合ったグルメ愛好会のみなさんとお食事会だった。場所は、元バトミントン選手で現在はスポーツキャスターとして活躍する陣内貴美子さんが、御主人(元広島カープ選手でプロ野球解説者の金石昭人さん)と経営するお好み焼き店「かねいし」。料理の味も美味しかったし、きれいな陣内さんもお店に出ていたので楽しかったよ。
 食事後、二次会に誘われたが、仕事がまだあったので一足早く帰ってきた。帰宅してから作業を再開し、韓国語の契約書がだいたい出来た。これで明日渡せるよ。ふー。

 

7月22日 昼間は寝ていましたよ。結局、韓国語翻訳の仕事は引き受けることにして、作業を少しずつ進める(ボクは温厚な人間なんだ)。
 今日は深夜勤だったので、編集者と日付が変わる午前0時過ぎに新宿歌舞伎町で待ち合わせ。それから取材と打合せをした(スゴイ時間だよね)。
 午前3時半にクラブgに出勤。今日はボク目当てに初回で来てくれたお客さんがいたよ。あんまり席に着けなかったのが悪かったけど。それなりに忙しかったんだ。
 それから来ると言っていて来なかった客がいた。……始末するかもしれない(ボクは怖い人間なんだ)。

 

7月21日 朝、普段より少し遅くクラブgの営業を終えて、大学病院に行った。薬を処方してもらって、ハチロックのベース・シン君に連絡を取る。8月の名古屋・大阪ツアーはハチロックでは初めてドラムマシーンを使うことになったので、そのための打合せにシン君の家の近くまで行って、一緒にお昼ご飯を食べた。
 自宅に戻るとすぐにホリプロから電話があり、先日放送されたテレビ朝日『スター開発プロジェクト・メメプロ』が好評だったので、第二弾を収録したいというありがたいお話しをいただいた。
 その後断続的に睡眠を取る。メールをチェックすると、今頃になってダメ編集者から連絡が……。どうするかはまた考える。

 

7月20日 昼夜逆転。今日も二度寝出来た。相変わらずダメ編集者からの連絡はないので、もう契約書翻訳の話はなかったことにする(それにしても連絡一つよこさないのは、ひどいので相手に対する考えを変える)。
 終電でクラブg出勤。ところが午前2時にお店に行ってみると、今日から一週間「日の出営業」になったとのこと。
 それでも午前4時過ぎ、5時過ぎにはお客さんたちはドンドンやって来て、忙しい営業日だった。営業終了直前、幹部さんに同業ホストに連れて行かれたよ。

 

7月19日 最近疲れがたまっているのか、午後から夜にかけてソファで眠り込んでしまった。悪夢を見て、汗びっしょりで起きる。
 ただ、明日はホスト勤務なので昼夜逆転出来て良かったかも。
 しかし、今日もダメ編集者からの連絡はなし。韓国語の翻訳、もう知らないよー。

 

7月18日 先月「新宿ニューアート」で3日間行ったハチロー単独ライブのビデオを編集している。しかし、3日目にやったライブを撮影してくれるハズだったスタッフ(?)が撮影し忘れたおかげで素材が2日分しかない。何もしないでポカンとライブを見ていたというのだから、あきれ果てた(スタッフ?)。そのためひどく編集に手こずる。DVDにしたいのだが、困ったもんだ。バカをアテにしたバカがここにいる。
 さらに韓国語翻訳の依頼をしてきたダメ編集者からの連絡を今日一日待っていたが、まったく音沙汰無し。こっちも色々仕事の都合があるんだよ。夕方から夜にかけて「大至急、連絡して欲しい」旨のメールを出したが、返事がない。このダメ編集者にも頭に来ている……。
 バカにもダメにもホントに困っているよ。
 深夜、先日収録したテレビ朝日『スター開発プロジェクト・メメプロ』は無事に放送された。せめてもの救いかな。

番組収録の模様(in 石丸電気SOFT1)。

 

7月17日 朝、クラブgから帰ってきた。今、急ぎで韓国語翻訳の仕事を受けているのだが、今回は「契約書」なので責任重大だ。ところがクライアントの某出版社から「以前作成したフォーマットを紛失しました」との連絡。とにかく日本語での書式を早く欲しい。朝から困った状況が判明した。
 お昼に『NHKのど自慢inソウル』を見る。初のソウルからの「のど自慢」だったが、色々考えさせられた。幕間に韓国(朝鮮)の伝統芸能が紹介されるのはNHKらしかったが、肝心の韓国人出場者たちの日本の歌が(ある程度韓国語の分かるボクにでも)、日本語とも韓国語とも取れないモノに聞こえてきたからである。発声が上手くても何を歌っているか分からない歌と、ド下手でも日本語として聞こえてくる歌のどちらが「上」なのか判断できなくて、歌とは何なのか分からなくなった。「恋のマイアヒ」の空耳ブームも気になるところだ(笑い)。
 午後、お昼寝。徹夜仕事明けだったから、お昼寝とは言えないかもしれない。夕方、ハチロックのベーシスト・シン君と8月ライブツアーの件で電話で打合せ。夜までかかって資料の音源を探して作る。
 夜遅く、のんびり屋の編集者が「契約書」の件で電話してきたが、まだ日本語の書式を書いてない様子。これから書いて家まで届けてくれるとのことだったが、夜中に「今日は無理です」とメールが来た。困ったな。

 

7月16日 作家の安部譲二さんから久しぶりにメールをいただいた。今発売されている『紙の爆弾』8月号(鹿砦社刊)でボクがインタビューを受けていて、安部さんもコメントしてくれていたので、その縁だろう。廃刊した『噂の真相』と岡留安則編集長について語っていますよ。
 また、今日は韓国語学校へ行った。今日で前期授業が終わったので、終業の飲み会があって韓国家庭料理居酒屋で打ち上げ。盛り上がって散会。家に帰ってきたのは日付が変わる少し前だ。
 あわててスーツに着替えて「クラブg」に出勤。日本テレビ系情報番組『メレンゲの気持ち』の取材が入っていた。ボクのホストクラブでの勤務ぶりを収録。放送は少し先ですが8月6日(土曜日)です。

『紙の爆弾』8月号(鹿砦社)。

 

7月15日 今日は寝不足の一日。午後に所用があって御徒町に行く。用事を済ませ自宅に戻ってからお昼寝しようとしたが、うまく眠れず。
 昨日書いたが、日本テレビの「クラブg」取材が結局明日になったので、今日の出勤を明日に振り替えてもらった。今日来てくれるはずだったお客さんは明日は都合が悪いとのこと。仕方ないな……。

 

7月14日 またホストクラブでの取材の予定が入ったために、クラブg出勤は明日になるか、明後日に振り替えるか未定になってしまっているよ(2日続けての勤務はボクにはキツイのです)。
 今日は秋葉原、神田とマニアックなお店を巡ってきた。アキバはいいねー、夢があるよー。

 

7月13日 今日は仕事が終わらず、少し遅れて韓国語教室に行って来た。クラブgは社員旅行(ボクは行ってない)のため休業中だ。それで韓国語の授業が終わった後で、同級生のおばさんに誘われて、食事をごちそうになり、その後で社交ダンスのお友だちの集まり(in浅草のスナック)というのに付き合った。
 みなさん60代だと思うけど元気でした。社交ダンス向きのスカートや靴の流行などを聞く……。中高年の愉しみというのをほんの少しだけ垣間見たよ。

 

7月12日 連絡待ちなど、色々な意味で調整日。少しお散歩したりしたよ。夜、TBSの『筑紫哲也ニュース23』を見たら、日本道路公団の総裁がゲストだったが、筑紫さんは半袖の変な柄物のカジュアルシャツだった。地球に優しい感じの肌触りのシャツが好きな人っているね。インテリのシャツとかさ。

 

7月11日 今日は出版社に待ってもらっていた商業原稿を3本仕上げるのに、なかなか大変だった。決して長くはない原稿でも進まないことはある。
 また、8月のハチロック・ライブの調整にも苦労する。8月27日にまた大阪に行くことになったよ。さらに明日にかけて調整は続きそうだ。

 

7月10日 今日は朝早く起きて、秋葉原石丸電気SOFT1に行く。コスプレアイドル・イベント「宅八郎Presents納涼萌え〜祭@AKIBA」司会の仕事だった。と言っても、実はこれはテレビ朝日の深夜番組『スター開発プロジェクト メメプロ』収録のため、強引に開かれたイベントなのだった。
 出演してくれたのは「萌え隊」「香原かりん」「ツキカゲ☆センセイ」の2ユニット1個人だが、そこに番組側のアイドル候補生3人が「アキバ道場破り」してきたというお約束の設定。放送は18日深夜なので、良かったら見てください。
 昼過ぎには収録を終えて、そのまま恵比寿イーストギャラリーへ。今度はハチロックのライブリハーサルのためだった。今回はキーコちゃんが参加できずにサポートをお初のアキラ君にお願いした。
 無事にリハを終えて夕方までメンバーと食事をしたりして時間をつぶす。今日は不思議な緊張感を感じていた。格闘技イベント「TRIBELATE」の試合中の幕間にリングサイドで、ハチロックのライブをやるという趣向だったから。場違いじゃないのかー(笑い)。何とお客さんはリングに上ってステージを見るという。
 夜6時半頃、ハチロックのショーが始まった。今回曲を少なめに、MCを長めにという依頼だったので、演奏曲は5曲にした。そして、何とか無事にライブをこなす。リングから見つめられるライブはすごく面白かった。また、見てくれたお客さんをチャックすると女の子が多かったので、「へえ」と思った。格闘技ファンには女の子も多いんだね。
 一日動いていたので、けっこう疲労感を感じた日だった。

 
ハチロー率いるアキバチームと、番組のアイドル候補生が対決(in 石丸電気SOFT1)。


水鉄砲で相手チームの女の子に水をかけちゃうハチロー。セーラー服が透けていきます(in 石丸電気SOFT1)。

格闘技のラウンドガールさんたちと記念写真(in 恵比寿イーストギャラリー)。

 

7月9日 朝、gのホスト勤務を終えて、帰宅。その後で、ひいきにしている洋服屋さんからセールの案内が来ていたので、行ってこようかと思ったが、一度家に帰るとダメだね。出かけるのが面倒で。徹夜明けだし。それなら寝れば良いのだが、やることもあって気が付けば昼だ。明日の予定が朝からつまっていたので、中途半端に眠るよりも起きていることにした。
 ずっと起きているのでフラフラだったが、夜は久しぶりに韓国語学校に行った。授業が進んでいて結構あせったよ。終わった後で逆に「萌え系韓国人教師」から相談を受ける。彼女はお茶の水女子大の大学院生で、日本語を専攻していて、以前書いた論文を「読んでください」と渡された。そして、次の論文を書くための研究資料を入手したいのだが、「力になってくれませんか」と言う。
 誰かテレビ局関係の人、テレビコマーシャルに関わっている人、CMマニアの方がいたら、ボク宛にメール下さーい!

 

7月8日 昼くらいには起きてしまったが、午後ソファで横になっていたらお昼寝が出来たので良かった。
 夕方、トラブルを抱えた方から電話が来た。大阪ツアーの直前にボクが代理人としての委任を受けた方だ。今日はホスト出勤の日だったが、勤務の前にその人と会うことになり、相談を受けた。
 その後、日付が変わった午前2時、ジゴロが移転して店名が変わった「クラブg」に初出勤。前の店は大きくてロッカールームがあったのでスーツを置きっぱなしにしていた。そのクセでついスーツを忘れて行っちゃったぁ。たまたまモノトーンの私服を着ていたので、そのまま勤務に就いた。でもボンデージパンツ営業はないよな……。
 新しい店なので、まるで他店に飲みに来ているような錯覚の中での仕事だった。客足は遅かったが、移転しても来てくれるお客さんはありがたい。近く代表が交代することや店舗内装を改善していくことなどを知る。

 

7月7日 超夜型のボクにしては早く寝た(というより倒れた)ので、今日は午前中に起きた。仕事上の連絡などを各所に入れる(けど、都合の悪い所には入れてないナー。ごめんなさい)。原稿が一本あるのだが、なかなか進まず。
 この身辺雑記の更新にかなりの時間を費やす。また、大阪ライブを撮影したビデオ映像をパソコンに取り込もうとするのだが、先方で用意してもらったカメラで撮った分がエラーが出まくって、なかなか上手くいかない。デジタルもしょせん相性の問題だったりするのかも。
 ハチロック、ライブのオファーが複数来ているが、なかなかメンバーのスケジュール調整がつかなくて困っているよ。
 夜眠くなってきたが、明日からの「クラブg」出勤を考えて、出来るだけ長く起きているようにして睡眠薬を飲んで眠った。

 

7月6日 寝不足のママ、朝ホテルをチェックアウト。お腹が減ってきていたので、また広島風お好み焼き屋に入った。昨日とは違う店にする。その店は「おたふくソース」ではなく「カープソース」を使っていたよ。あるらしいと20年以上前に大学生の頃に広島出身の後輩から聞いていたが、まだあるんだー。甘口と辛口のソースを楽しんだ。
 その後、ネットのチェックをするためにネット・カフェへ(お座敷個室)。ところが満腹になったら急に眠くなり、寝込んでしまった。畳はいいねえ。
 午後に起きてから、今度は尾道ラーメンを食べる。魚系ダシの強い味だった。鶏ガラは使っているようだったが豚系のダシは一切使っていない味。やはり広島の味は少し「濃くてしょっぱい」。
 急いでJRのみどりの窓口に行って新大阪までのチケットを買う。そして大阪経由で東京に帰ってきた。この2日間ほどの時間的経済的ロスは大きい。痛いよー(エーンエーン)。
 家に着いたのはもう夜だ。相当疲れた。ブッ倒れそうになるのを我慢して、この身辺雑記の2日分くらいを書いてアップする。

 

7月5日 朝、ビジネスホテルを出て、喫茶店に入る。取材対象者に連絡を取るがつかまらない。お昼に広島風お好み焼きを食べた。その後、取材対象に連絡が取れたので一安心。しかし、待ち合わせ場所で一日待っていたが、結局すっぽかされた。
 読者には気を持たせた書き方に感じられるかもしれないが、上手くいかなかったことについては、これ以上記せない。世の中には本当に信頼できない驚くべき人間もいるということだけは知った。そんな人間にはおそらく罪悪感もないんだろう。
 夕方、広島から帰るかどうか考えて、何かそれも寂しい気がして、昨日とは違うビジネスホテルに飛び込んだ。お腹がすいていた。ホテルから東京に住む「青い部屋」関係者女性に電話した。彼女が広島出身だと言うのを思い出したからだ。どこか美味しいところを紹介してもらおうと思って。
 するとちょうどボクに連絡を取りたいと思っていたと言う。10月のライブ出演依頼をされた。それから実家に連絡を取ってくれて、折り返し、お父さんの紹介でお店を教えてもらった。その上、そのお店は一見さんには入りにくい店だからと、わざわざお父さんがお店で待ってくれていて一杯だけ一緒に飲んだ。ユーミンや久保田利伸が広島に来ると立ち寄る店らしい。かなり美味しかった。ただ広島の味は少し「濃い」感じはした。
 カウンターの横に座っていたきれいな女性が声をかけてきたので、夜遅くまで楽しくお話しできた。聞けば看護婦さんで、公休日前に飲みに来ていたのだった。
 世の中には薄情な人間もいれば、情に厚い人間もいる。



かさごの煮付けとステーキ。あと、名物料理としてウニクレソンをガーリックトーストでいただいたが、写真を撮り忘れてしまった(in 広島・中ちゃん)。

 

7月4日 前夜のライブ終了後に始まった打ち上げは延々と日付が変わるまで続いていた。ハチロックのメンバーは体調を崩している者もおり、疲れているとのことで参加したのはボク一人。
 ボクを呼んだイベンターさんはアクシデントでケガをして入院した被害者(友だちらしい)の付き添いで来れなかった。そのため一部では「欠席裁判」のような状況が繰り広げられた様子。「あの女は何なんだ」と。ボクは80年代ニューウェーブの話や楽しい話で盛り上がっていたけれど。
 真夜中に打ち上げはいったん終わったものの、ロマン優光さんを含めた数人で場所を移して二次会になった。アクシデントに関してロマンさんから「言い分」を聞いた。しかし、被害者からも総責任者であるイベンターからも何も聞いていないし、またボクは「裁判官」や「検察官」になるわけにもいかない。ハチロックに関しては黒字にはならなかったものの、必要経費は精算できたので問題はない。
 またロマンさんから「ハチロックはヴィジュアル系のバンドと対バンするといいよ」と貴重なアドバイスをいただいた。うれしかった。ウチもヴィジュアル系だという気もしてくる。何か考えてみるようにしよう。
 朝9時過ぎにホテルに帰ってきた。すぐにシャワーを浴びて10時頃、そのまま倒れるように寝込んだ。ところが、11時半にメンバーから「チェックアウトしますよ」という連絡。必死で起きだして、いっしょにホテルを出て少しだけ高級そうなうどん店に入った。ハチロックとしての打ち上げみたいなものだ。さまざまな創作うどんをそれぞれ頼んだ。美味しかった。
 メンバーは予定を早めて東京に帰ることになり、ボクはうどん屋でも倒れかけていたので、近くに見つけてあったネットカフェで睡眠……。ようやく起きたら夜になりかけている。
 ここでボクは今まで成果が実るかどうか分からなかったために、記していなかった行動に出る。大阪東京間の移動チケットを残したまま、新大阪から広島に向かったのである。ところが新幹線の中で眠り込んでしまい、降りたのは新山口だった。オイオイ、本州の先っぽじゃないか(ううう……)。仕方なく「上り」に乗り換えて広島へ。新幹線の中で山口の駅弁「あなご弁当」を食べた。やれやれだ。
 広島でネットカフェを見つけると、お座敷個室というのがあったのでそこに入る。そして取材対象者に連絡を入れた。……。なかなか返事が返ってこない。時間は経過していった。……。
 結局、日付が変わったあたりで、相手が「今日はダメだ」というので、ネットカフェを出てビジネスホテルに移った。

 

7月3日 いよいよ東京からハチロックのメンバーがやってくる。ホテルで合流するはずだったのだが、メンバーから「入り時間までの時間的余裕が無いのでライブハウスに直行する」という連絡を受けて、ボクもあわてて雨の中を「難波ベアーズ」に向かった。
 入ってすぐにリハーサル。今回時間がなかったので怪しい曲もあったが何とか大丈夫そう。出番はトリを務めさせていただくことになっていた。ハチロックが大阪でどう受け止められるか、楽しみでもあり、ドキドキだ。
 ライブがスタートした。トップバッターはA.C.E.で懐かしい80年代「法政学館ホール」のサウンドを聴いているようだった。面白かった。
 二番手がプンクボイ(fromロマンポルシェ。一人ユニットだが、名称はPUNKBOYのローマ字読みらしい)。始まってすぐだと思うが、控え室から会場に入ると騒ぎになっている。女の子が血だらけになって座り込んでいたのだ。何人かが心配そうに見守っている。
 パンクという以前にあってはいけない光景だった。プンクボイのロマン優光さんが暴れてそうなったらしい。ただし、どういう状況でそうなったのかはボクは見ていない。ライブは進行したままだった。少しステージと騒動を見ていたがボクは楽屋に戻った。
 予想外のアクシデントだとは思ったが、「何か」が適切に処理されることだけ祈って、ボクはハチロックのことだけ考えた。
 続いて恋愛研究会(from赤犬)。大所帯のバンドだった。曲数とMCのバランスがおかしかった。エンタメ系も良いところだ。ところが(前後の記憶違いがあるかもしれないが)、その頃に救急車が来て、そして警察官が来た。ボクは個人的に警察は嫌いだし、ライブハウスに警察はいらないと思っているので嫌悪感を感じた。誰が警察を呼んだのか知らないし、警察を呼ぶことの是非についてはボクはとりあえず関係ないので、自分のステージに向かうテンションを維持することにつとめた。
 午後9時頃。いつもの朝鮮語ラップのSEが流れ、ハチロックがスタートした! 東京でライブをやる時は大体7曲だが、サービスで8曲やった。ハチロックのステージは無事終了して楽屋に戻ると、ワンマンでもないのに何とアンコールの声もいただいた。「関西がハチロックを受け入れてくれた」瞬間だった。
 ただアンコールに対応できる状況ではなかったのでボクだけがステージに上がって、みなさんに御挨拶をするにとどめた。また機会があれば関西ツアーに行きたい。

ハチロック大阪ツアー(in 難波ベアーズ)。



ボーカル(ハチロー)。ベース(sin君from Diablo)(sin)。キーボード(キーコちゃん・キーコの部屋)。ドラムス(akubiちゃん・アクビの部屋)。ギター(じょー君・じょー)。

 

7月2日 今日は大阪の芦原橋というJR環状線にしては少しさびれた場所に行った(東京の山手線駅では考えられない)。そんな場所にある会場で昨日に引き続き、トークライブをこなす。でも、けっこう女性のお客様が多くてうれしかった(男性でもうれしいけどねー)。
 トークイベントのホストは、元モダンチョキチョキズの保山宗明玉さんと、A.C.E.というバンドをやりながらも専門学校で教鞭をふるっている安井献さん。お二人がやっている「ロック古文書」というシリーズ企画で、その特別ゲストがボクなのだった。
 ボクはJ-POPの特殊分野として、ジャニーズの30年分にわたるビデオを持ち込んで、その魅力について語る。「ハデ・ヘン」という音楽解釈そのもののパンクなテイストはみなさんに伝わったと思う。
 また以前、田代まさし受刑者といっしょに大阪でトーク・ライブをやった時にも来てくれていたというお客さんもいて、うれしく思った。
 打ち上げは少し歩いた所にある食べ放題の焼肉屋さんだった。店にはハングルの張り紙も張ってあったので、店員さんに韓国語で話しかけてみると通じない。おかしいなと思ったら中国人だった(そう言う事って結構最近よくあるんですよ)。

 

ハチロー大阪ツアー2日目(in 芦原橋ウィングエンターティメント)。

 

7月1日 寝不足のママ、早朝に起きてしまったよ〜。3時間も眠ることが出来ずに大阪に行った。大荷物だったためにまずは東心斎橋のホテルにチェックイン。しかし旅装を解くとすぐにトークライブ初日の会場までタクシーを飛ばす。ホテルは堺筋に面していた。大阪は大通りが一方通行なのでどっちから乗ったらいいかとか考える必要がないので、楽と言えば楽だ。
 イベンターさん、スタッフさんが「本当にやってきたボク」の顔を見てすごく安心してくれているのが分かった。ボクとしても実現までに色々あったものの、やった来たからには真剣にやりますよ。
 トークライブの司会はリハしゅうさん、ぶたおさんというモーニング娘。のファンとして関西では有名な人だった。ボクの熱烈なファンでもあると言う。そこでボクの著書などをテキストにトークを進める。ライブが終わった後はそのまま会場で打ち上げ。皆さんと話してみるとなかなか好評で、2日目、3日目のライブも見にきたいと言ってくれるお客さんの存在がうれしかった。

ハチロー大阪ツアー初日(in 新今宮フェスティバルゲート)。

 

 


BACK/過去の雑記