身辺雑記

 

●2005年8月分


2005年度分
[7月1日〜7月31日]
[6月1日〜6月30日]
[5月1日〜5月31日]
[4月1日〜4月30日]
[3月1日〜3月31日]
[2月4日〜2月28日]
[1月1日〜2月3日]

2004年度分
[12月1日〜12月31日]
[11月1日〜11月30日]
[10月1日〜10月31日]
[9月1日〜9月30日]
[8月1日〜8月31日]
[7月1日〜7月31日]
[6月1日〜6月30日]
[5月1日〜5月31日]
[4月1日〜4月30日]
[3月1日〜3月31日]
[2月1日〜2月29日]
[1月1日〜1月31日]

2003年度分
[12月1日〜12月31日]
[10月29日〜11月30日]
[10月1日〜10月28日]
[9月1日〜9月30日]
[8月7日〜8月31日]
[7月5日〜8月6日]

 

8月31日 久しぶりのホストクラブ出勤だった。終電で新宿に向かう途中で、以前声をかけられた女の子たちにまた会った。メールアドレスを教えておいたので、そのうち来店してくれるかもしれないな。
 新宿に着いて、お客さんと食事をして、同伴出勤。その途中、歌舞伎町にネコがいたので「ニャオーン、ニャオーン」と声をかけると、少しお客さんに怪しがられたのはまずかったかもしれない。けど、まあ無事に月末が過ぎた。

 

8月30日 ずっと徹夜で起きていたよ。さすがに一週間東京の自宅を空けていると、連絡事項がたまるもんだなあ……。宅配便の受け取りとかもあって。なかなか大変だった。原稿の催促があったが、それよりホームページの更新を優先させていたりする……。

 

8月29日 ホテルで目覚めると……夕方5時半だった。ヤバイ! あわててチェックアウトして、新神戸駅まで行った。駅弁を買って、18時15分初の東京行きのぞみに乗る。
 東京の自宅に戻ったのは、それでも午後9時台だったよ。新幹線は速いなあ。デジカメで撮影した写真を整理したり、ホームページの更新をしていたら、夜が明けちゃった。

 

8月28日 お昼頃に眠い目をこすりながら起きて、ホテルを出る。フラフラと大阪駅(梅田)から神戸に行こうとしたが、ホームのベンチで1時間以上眠り込んでしまった。携帯電話の着信を見るとお友だちからの連絡が……。神戸に着いたのがもう16時くらいになってしまった。駅まで迎えに来てくれたお友だちと、もう一人のお友だちの親が経営するビジネスホテル「新神戸サンホテル」にチェックインする。
 少し部屋で落ち着きを取り戻してから、いっしょに須磨海岸へ行ったよ。海の家のイベントでマイクを渡され、少しだけ御挨拶。あとはビールを飲んでバーベキューやライブを楽しんだ(しかし、いつの間にかうとうとと……)。
 その後でタクシーで「Cafe Fish!」という、お魚の巨大オブジェが目印になっている所へ移動。そこで、お友だちのお友だちが演じるバンドライブを楽しみ、屋台でいろいろ食べたり飲んだりしたよ。
 さらに三ノ宮に移動。バーでくつろいだ。その上、見せて頂いたバンドのメンバーが働いている料理店に移動して、さらに飲食。朝方、ホテルに帰ってきたが、送ってもらったお友だちとホテルのバーで飲む。
 フラフラながら飲みまくった一日。部屋に戻ると完全に朝になっていた。

宅八郎@神戸。出張でホテルに女性を呼んだわけではありません。お友だちです。

 

8月27日 午前中に名古屋をあとにして、新幹線で新大阪へ。ツアー2日目だ。
 「モダン焼き」の食事をしてから午後1時頃に大阪駅近くのビジネスホテルにチェックイン。それからボクは少し仮眠した。
 午後3時にオールナイト・イベントの会場へ。ボクたちは出演がすごく遅い順番だったので、「逆リハ」のため、リハーサルが一番だったのだ。本来はセレクト・ショップのショッピングモールになっている会場にステージが設営されていた。聞けば前売りチケットが500枚くらい売れているらしく、その売れ行きは「想定外」と、とまどいながら主催者サイドが言っていたよ……。
 がんばるしかない! ボクたちのリハーサルが終わってから、出演者の一人・AV男優の加藤鷹さんと軽くトークの打合せ。
 夕方になったのでメンバーと「たこ焼き」を食べに出かけた。するとそこへ在関西のお友だちでスタッフをしてくれる人たちがやって来た。メンバーは一度ホテルに戻ったが、ボクはスタッフたちと一緒に漫画喫茶に行った。浜松では何度やっても上手くいかなかったが、今度はFTPソフトが反応したので、ホームページのトップページを少し直した。
 一度ホテルに戻ろうかと思ったが、イベントのオープン時間の21時が近づいていたので、ボクはそのまま会場に向かった。
 次々にお客さんたちがやって来た。7月にライブに来た際に知り合った関西の方々もお手伝いに駆けつけてくれてうれしかったよー。ハチロックのメンバーの演奏もそうだが、ボクは色んな人たちにお世話になって活動していることを忘れているところがあったと思う(康夫ほどではないが)。呼んでくれた主催者にも来てくれたお客さんにも感謝しないといけない。今一度、人の「世話」と「義理」「人情」によって自分が「立っている」ことを心にとどめなければならない(康夫ほどではないが)。
 会場は人があふれていてエントランスからステージまで行くことさえ出来なかったので、本番は建物の裏側に回って厨房からステージに上がった。
 今回はバンドのライブの前後にトークのコーナーがあったので少しだけとまどう。
 午前2時過ぎにハチロック本番! 9曲を熱唱した。熱唱と言うが本当に熱かったんだ(温度が)。心配していたドラムのYAMAHAさんも機嫌が悪くならずに助かる。
 自分の出番が終わってからも、物販コーナーでCDやDVDが結構売れたのでうれしかったよー。ハチロックのメンバーは夜明け頃にホテルに戻っていったが、ボクが宿に帰れたのは午前7時過ぎだった。




ハチロック@大阪。ボーカル(ハチロー)。キーボード(キーコちゃん・キーコの部屋)。ベース(sin君from Diablo)(sin)。ギター(じょー君・じょー)。それからイベントで御一緒した加藤鷹さんと(同い年だったが、まったく違う人生の2人)。

 

8月26日 午前中にわざわざ実家までTBS『サンデージャポン』のスタッフがやって来た。そんなにボクのコメントは重要なのかー(???笑い)。
 午後2時前の電車で浜松から名古屋まで行く。ハチロック夏のツアーの始まりだ。午後3時過ぎに名古屋駅でメンバーと合流。すぐに駅前のビジネスホテルにチェックインしたら、ライブハウスの主催者さんが車で迎えに来てくれた。
 今日は地元のアイドルたちとのライブだった。夕方からリハーサルをして、ハチロックのメンバーと食事に出た。ライブハウス・オーナーに「味噌かつ定食」をごちそうになる。ありがたい、ありがたい。すごく美味しかった!
 ライブイベントでは地元のアイドルの人気がすごかったよ。そのファンの皆さんたちはハチロックも暖かく見てくれた。終始アットホームな雰囲気でイベントは終了。
 タクシーで名古屋駅近くのホテルまで戻って、居酒屋さんへ移動。ハチロックのメンバーでささやかな打ち上げをやったよ。



10代のパワーあふれるJadey Gと、地元の愛くるしいアイドルグループFUN'S娘。



大須のコスプレイヤー織姫よぞらちゃん。イベントの最後に出演者みんなで記念写真を撮ったよ。





ハチロックは名古屋でも好評。ボーカル(ハチロー)。キーボード(キーコちゃん・キーコの部屋)。ベース(sin君from Diablo)(sin)。ギター(じょー君・じょー)。

 

8月25日 台風がやって来たが、浜松は微妙にそれたので助かった。自分のお誕生日(19日)に実家に帰ってきてゆっくりするつもりだったが、やることが終わらずに帰省が遅れたので、短い夏休みは終わってしまった〜。

 

8月24日 のんびり過ごす。夜は弟の友だちの家に、譲ったパソコンのセッティングに行く。その後で弟と「まんがレストラン」に行った。ホームページの更新を試みるが、出来なかったよ。Windowsに慣れていないのもさながら、FTPソフトが反応しなかった理由はよく分からず。

 

8月23日 実家でのんびり起きた。やっぱり落ち着いていいなあ。夕方から、弟が船舶免許を持っているので、船を借りて浜名湖にお魚釣りに行った。台風前のチャンスだったが、パラパラと雨が降っていたので、二人でカッパを着て釣っていたよ。逃がした魚は大きかったが、釣果としては弟がセイゴ(スズキの子供)を一匹釣っただけだったよー。

 弟が船を操縦してくれて、お魚が釣れたよ。

 

8月22日 徹夜で作業を終えた。一睡もしないで、もう夜になってしまった。まあ、何とかなるもんだ。ただ今日のお迎えもそうだが、この夏は弟のたけやすに大変迷惑をかけてしまった。ごめんね……。これからボクは実家のある浜松へ帰りマース! 
 名古屋・大阪ツアーが終わるまで、このホームページの更新ができないかと思いますが、みなさんヨロシク!

 

8月21日 ようやく(本当に時間がかかった)人に譲るMacを発送した。お待たせして申し訳ない思いだ。後はハチロックの名古屋・大阪ツアーで物販するCD、DVDの制作作業などが残っている。一度実家に帰省して、そのまま名古屋でバンド・メンバーと合流の予定だ。

 

8月20日 徹夜で一日中、作業。何とかメドをつけた。お盆休みからずれてしまっているが、早く実家に帰省したい。

 

8月19日 今日は誕生日だった。しかし忙しかったので、ホスト出勤はやめて「夏休み」にしたよ。急に入ってきた仕事で日曜日放送の『サンデージャポン』の収録をする。辻元清美に対してコメント。
 その後は自宅でずっと作業に明け暮れた。誕生日パーティはなしです……(ショボン)。

 

8月18日 死にそうな日だった。朝、ホストクラブでの深夜勤務を終えて、そのまま新宿から東京駅に行った。名古屋・大阪ツアーの新幹線チケットをメンバー全員分購入するためだった。その後で一度帰宅。
 眠るヒマもなく作業をしつつ、郵便局や銀行へ行く。フラフラになりながらも午後に秋葉原へ買い物に行った。ずっと徹夜で一睡もしていない。
 夕方、自宅に戻ると、アイドル掲示板が荒らしにあっていた。まただ。うっかり平本淳也氏を「どうでもいい」と書いたのがよほど気に入らなかったらしい。ボクを「どうでもいい」としながら、荒らしが数百回も延々と日付が変わっても夜中まで続いた。ホストの翌日がキツイのを分かってやっているのだ。ボクは一体何十時間起きていたんだろう。「匿名暴力」という言葉を思いついた。ただ、あまりにひどいので、今度書き込みがあったら相手に対して「手段」を取ることにする。すでに調査に入っている。

 

8月17日 今日は夜からハチロックの練習だった。26〜27日に行く名古屋・大阪ツアーの演奏曲を何とか仕上げる。
 今日はホストクラブ出勤だったが、めまいがするほど疲れていたのと、たとえわずかな時間でも自宅でやることがあった。そこで、練習が終わった後で一度帰宅。しかし、たった2時間ほどで家を出る時間がやって来た。
 タクシーで最寄りのJR駅まで行く。そこで終電に乗ろうとしたら、女性に声をかけられた。「宅さんですよね?」「今日は出勤なんですね」「水曜日ですもんね」
 ボクがホストを週2日やっていることはけっこう浸透しているようだ。終電に乗ったら、その子の友だちが一つ前の駅から乗っていて、3人でお話しして新宿まで向かったよ(彼女たちも歌舞伎町行きの人々だったのです)。もう新宿駅に近づいた頃に「一応営業活動しよう」と思い、彼女たちにホストの名刺を渡した瞬間だった。
 「私にも名刺下さい!」向かい側に座っていた第三の女性が声をかけてきた。「やっぱり宅さんでしょ!」
 「はいている靴がオシャレで高そうだなあと思って見ていたんです」とのコト。ホストなので、それなりの靴ははいています。
 いつか御来店してもらえるとイイなあ。
 出勤してすぐ同僚のホストさんから、最新の『YUKAI Life』8月25日号を見せられる。「全日本ホストグランプリ〜ホストウォーズ〜」にボクもエントリーしているが、最新のレポートによると全国で第6位に入っていた……。
 客足は遅かったが、営業後半にはかなりの飲酒量に達してしまったよー。

それなりの靴だ。

 

8月16日 一日中作業。なかなか終わらない。ボクの夏休みはまだだ。

 

8月15日 色々やることがたまっていて、何とか体勢を立て直さなければならない。色々御迷惑御心配をかけている方々、すみません。夜は出演したテレビ番組が無事に放送されたが、いつの間にか企画が前後編になっていて「次週に続く」となっていた。聞いてないよ〜(笑い)。

 

8月14日 やることがうまく行かず……。一日死亡……。

 

8月13日 今日はハチロックの練習があった。今度の名古屋・大阪ツアーではドラムをマシーンにまかせることになり、ベースのシン君が打ち込みをやってくれた。「生」でないために練習には神経を使った。全曲はとても練習できず、次の練習にゆだねることになった。何とかなるかな……。





ツアーのメンバーで一番がんばって欲しいのはYAMAHAさんだ。

 

8月12日 まだパソコン調整は続いている……。
 それから実は今日ヘンなことがあった。ちょっと前にテレビ東京の『TVチャンピオン』で今度「オタク」だか「アキバ系」だかをやるので、その審査員をやって欲しいと言われていた。まあ引き受けたのは良いのだが、これまでにメールで一方的に「収録は14日になりました」だの、「出場者たちの家に行きたいので、一日時間を割いてくれ」だのと言われていた。まあ仕方がないな、とは思っていたよ。
 ところが、今日電話がかかってきて「審査の方向を見直すことにしたので、話をなかったことにしてください」とのコト。2日前だよ、あきれたよ。何か裏でもありそうな感じだった。
 テレビでは日航機墜落20年の報道やスペシャル番組が放送されていた。あの事故を知らない世代もいることに時の流れを感じる。
 夜、テレビで奥崎謙三氏が先頃亡くなっていたコトを知る。知らなかったよー。奥崎さんは刑務所から出てきてから、ある出版社に「宅八郎さんに電話をかけたいので番号を教えてくれ」と言っていた人。何かのニオイをかいでいたのか。結局のところ、避けたわけではないけど、話すことも会うこともなかったな。
 テレビではもっぱら、映画『ゆきゆきて進軍』監督の話を交え、太平洋戦争時の上官に対する責任追及や、その家族に対する殺人未遂で服役、とだけ放送されていた。新春一般参賀で昭和天皇にパチンコ玉を撃った事件に関しては一切スルー。

 

8月11日 ずっと譲ることにしたパソコンの調整。初期化してそのまま「ハイ」と渡すようなことはしたくなかったからだ。OSもアップデートしたり、ヴァージョンを選んで、ソフトも出来るだけ入れることにした。そんなこんなで他のことが何も出来なかったよ。

 

8月10日 ずっとパソコンと格闘。何とかバックアップを取って初期化した。初期化した時はうれしかったなあ。しかし、ここからも大変。譲る人が少しでも使いやすいようにしてあげないといけないから。

 

8月9日 朝までパソコンと格闘して、昼まで眠った。その後うとうとしていたが、また起きだして必死の作業が続いている。異なる複数のOS、異なる複数のボリューム・フォーマット、異なるインターフェイスの間の作業は疲れる。うまくいかなくて何度再起動したか分からない……。
 普段からフォルダの管理など整理整頓出来てないのがいけない。ボクは思うが、部屋が片づけられない人間はパソコンのファイル整理も出来ないような気がするよ(ダメ人間デス)。

 

8月8日 朝早く目覚めた。二度くらい寝直して、不思議な夢を二度くらい見た。ちゃんと起きたのは午前10時頃だった。
 ボクはMacユーザーで2台のデスクトップを持っているが、1台を人に譲ることにしたので、そのためにバックアップを取る作業に時間を費やした一日だった。ひどく苦労する。一日かけても全然終わらない。
 発狂しそうになっていたら、日付が変わった頃にお客さんから電話が来た。「今から食事しないか」とのコト。うれしいお誘いだなー。赤坂の韓国料理屋まで出かけることにした。ところがタクシーの運転手に地図を見せると「大体分かる」と言うので、乗ったのだが、下町の自宅から赤坂まではけっこう距離がある。その上、目的地に近づくと運転手がまるで道が分かっていなくて(TBSが分かってないレベル)、行ったり来たりで迷いに迷った。
 その間もお客さんからは「早く〜」と電話が入っている。正直、運転手を呪った。相当遅れてお店にたどり着き、お客さんに謝りに謝る。
 でも楽しくお食事できたよ。ボクがホストとして「いい加減なこと」を注意されたが(苦笑)、ホームページが荒らしにあっていることを心配もしてくれた。アキバ系や『噂真』の岡留元編集長の話など話はあっちこっちに飛んだけどね。
 午前3時前にお店を出て、自宅に戻った。また作業の続き。大変な困難が続いている。

 

8月7日 真夜中に商業原稿を1本書き上げた。そして徹夜のまま、朝から「探偵ファイル」山木編集長が参戦するアマチュア・ムエタイ試合を観に行く。ずっと同サイトの原稿が出来てなくて「申し訳ない」とお詫びも兼ねて。アマチュア・スポーツも観てみるとけっこう面白い。相手が闘うまで誰か分からないところもツボだ。レベルもいろいろ。観て楽しむんじゃなくてボクがやったら死ぬけどね。
 残念ながら山木さんは負けちゃった。手数が出せていない感じだったね。案の定、後で聞いてみると片腕と片足を痛めていたらしい。試合数がけっこう多かったので、待っていたら午後になった。ジムの上にあるタイ料理屋で遅い朝食を食べてから帰宅。
 すぐに寝れるかなと思ったが、やることをやっていたら夜になった。でも、やらないといけないことがやれていないのがヤバイ……。とりあえず睡眠薬を飲んで眠りにつく。

 

8月6日 日付が変わった午前2時頃にお客さんと新宿歌舞伎町の喫茶店で会う。そのまま午前3時過ぎにホストの同伴出勤。8月6日と言えば「86(ハチロック)の日」と言うことで、「萌えシャンドン」を入れてくれた。
 朝、少しだけ残業して自宅に帰ってきた。ここ最近の疲れで体調が悪かったので、午前中に眠りについた。お昼に『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)ビデオ出演があったが、録画したまままだ見ていない。
 夕方起きるが、夜までグズグズうとうと。その後は「HACHIRO-SOLO」ライブDVD作成作業のツメを進めた。

 

8月5日 梅宮さんに早めに連絡を取っておけば良かったのだが、真夜中に日記を見てわざわざ電話してきてくれた。ところが、その内容に絶句。「私、仲田陽子さんって人知らないんですけど」。
 「知らない人と生命を賭してまで断固闘おうとする人間」がいることをボクは知った。かつて元ジャニーズのライター平本淳也氏と梅宮さんは親交があったそうだが、平本氏の有名ストーカーだった仲田のことは「嫉妬とか、何か極度に思いこんでるんじゃないですかね」とのこと。
 仲田のことで記憶違いが生じている可能性もあるが、ボク自身の関係で言うとかなり前に最初、アダルトライターの藤木TDCに紹介され、その後作家の見沢知廉に紹介され直した気がする(この女性、サブカルなら何でもよいのか)。まあ普通に友だち付き合いがあったが、ボクが梅宮さんと知り合った頃から疎遠になったと言えば、そんな気もする。
 梅宮さんとのミステリアスな電話の後で、早朝『週刊朝日』の記者さんに「電車男」に関するコメントを送った。何か気に入ってもらえたようで、すぐにお礼の連絡が来た。
 昼夜逆転して、昼間に眠って夜は終電でホスト出勤。

 

8月4日 またも早朝から仲田による掲示板荒らし。かなり醜く病んでいると思う。こっちも……病人なんだよ。まったく病院にも行けやしない。ライターの梅宮さんと男女関係があるかと書き込んだと思えば、ボクが梅宮さんの下僕だと言ってきた(あのーボクはMじゃないんだけど→むしろS)。さらに梅宮さんがボクの悪口を言いふらしていると言い、次はボクがゲイだと決めつけてきた。一体ボクをどうしたいんだ、仲田陽子。先に言っておけばボクは性的には「変態」だよ。さらに自殺をほのめかしてみたり……。長生きするんだろうな。
 お昼には2度目のアクセス禁止の措置をとった。また場所を変えて書き込んできたり、違う掲示板に何かを書いたことをボクが察すれば、動くことになるだろう。
 徹夜でつらかったが、午後はハチローソロのライブビデオのDTV編集とDVDパッケージのデザインを進めた。夕方、『週刊朝日』から「電車男」に関するコメントを求められたのでメールで回答することにする。ハチローソロのDVD、だいたいまとまったよ。今月末にはライブ会場で販売の予定だ。
 ところが、日付が変わった後で梅宮さんから恐ろしくミステリアスな電話がかかってきた……(つづく)。

 

8月3日 今日も荒らしにあって大変な思いをした。相手は1〜2分おきに書き込んできたり、それを数時間も続けたりしている。朝も昼も夜もない。そのせいで結局、ボクはホストクラブ出勤も出来なかった。被害は甚大だ。
 書き込みにはまったく事実無根のこともあれば、「そう言うこともあったか」という程度の事をひどく歪んだ悪意によって解釈してきたり、さらにはメチャクチャな罵倒も続く。しかし、中にはまったく見当がつかないこともあった。
 読者は「思いこみ」「カン違い」「決めつけ」、この3つのキーワードを組み合わせて文章が作れるかな。順番はどうでもいい。20年近く前に考えたことがある。ボクはこう作るね。つまり「思いこみ」を「カン違い」して「決めつけ」る人、と。それ自体が小林よしのりや切通理作をはじめ、歪んだ人間性の証に他ならない。ボクはこの3つのワードから逃げてきたつもりだし、それをアジェンデさんにならって言えば、少しは社会に「啓蒙」したい部分もある(苦笑)。
 仲田陽子の勝手な「決めつけ」を読んだ読者が「カン違い」をして、何パーセントかの人間が「思いこむ」可能性を考えると、アイドル掲示板にふさわしくない書き込みを削除しないわけにはいかない。まあボクほど誤解されることの多い人間も少ないだろうが(自嘲)。
 相手はボクが知らないだろうと思っていることをとぼけて、それを前提にしているようだ。仲田はすでに法を犯した証拠が残っている自覚がない。かつて平本淳也氏に対するさまざまな行為で警察の事情聴取から逃げ切れたからかもしれない。今はまだ詳しく説明することができないが、ホームページを応援してくれている皆さんには、今の惨状は大変申し訳ない思いだ。

 

8月2日 早朝から仲田陽子に掲示板を荒らされ続け困らされる。それが深夜・翌午前まで続くのだから、どうかしている。とんでもない人間がいるものだ。仲田陽子はどうもボクが梅宮さんから入れ知恵をつけられたか、影響を受けたか、洗脳でもされたと妄想しているらしい。いや、ボクと梅宮さんの「男女関係」さえ妄想しているフシがあるのには、まいった。彼女結婚していて、御主人にも会ったことあるのだから。それでいて「梅宮さんがボクの悪口を言っている」と言うのだから、ワケがわからない。
 モノスゴイ数の書き込みをさっさと削除するのも疲れるが、消した書き込みでは「梅宮貴子とは断固として闘う、たとえ生命の危機に瀕しても」と言うのだから、梅宮さんと過去に一体何かあったのだろうか。生命の危機に瀕する事態とは大変だ。
 その上、さまざまな脅迫までしてきた。この人物はかつてストーカーなどの容疑で警察の事情聴取も受けた女性だが、大丈夫か。

 

8月1日 パソコンのメンテナンスに時間がかかった。
 また、その昔平本淳也氏とただならぬ関係にあって、その筋では有名人である重度2ちゃんねらー仲田陽子のしつこい被害妄想のせいで、かなりの手間ヒマをかけさせられた。迷惑きわまりない。何かライターの梅宮貴子さんと関係があるらしいが、よく分からない。梅宮さんとはここしばらく話してないが、迷惑が及んでも悪いので梅宮さんに聞いてみるつもり。
 パソコンはなかなかメンテナンスできないでいる。そんなこんなで貴重な時間を費やし、やることが出来なかった一日だった。

 

 


BACK/過去の雑記