宅八郎 profile

 

 

1962年、静岡県浜松市生まれ。
宮崎勤事件に衝撃を受け、1990年、日本初のおたく評論家として
デビュー。直後から、数々のテレビ出演も果たす。その後、処刑執
行人として数々の「復讐」を実行する一方、95年からアイドルとし
ても活躍。西麻布クラブYELLOW、六本木ヴェルファーレなどでリ
サイタル活動をする。97年からは「ハチ・ロック」と称したロック
・アイドルを宣言し、新宿ロフト、新宿CODEなどでもライブを果た
す。

著書に『イカす!おたく天国』『処刑宣告』(共に太田出版刊)、
共著に『教科書が教えない小林よしのり』(ロフトブックス刊)、
『オウム大論争』(鹿砦社刊)、『マンガ狂い咲き』(コアマガジ
ン刊)、『隣のサイコさん』(宝島社文庫)などがある。また、
プロデュース本としては『走る爆弾娘・菊池直子へのラブレター』
(コアマガジン刊)がある。

 

 

以下はハチロックとしての最新プロフィール

宅八郎(ハチロック)/90年、日本初のオタク評論家として雑誌で
デビュー。直後からテレビにも出演し、マジックハンド伝説を作る。
その後ライター活動を進める中で「復讐処刑人」として数々の論敵
を処刑。現在は田中康夫長野県知事とバトル中。また、出版界では
麻原彰晃、上祐史浩、本多勝一、荒木飛呂彦、小山田圭吾、田代ま
さしら各界の「神」との対談も知られている。95年からはみずから
アイドルとしての活動を開始、ハチロックというニュージャンルを
開拓した。現在は、二度の北朝鮮突撃取材を経て、朝鮮語の学習に
勤しんでいる。

ボクの幼少の頃 

 

>>>BACK