平塚市での葬儀のご案内

平塚市で人気の葬儀の写真

平塚市で人気の葬儀

昨今、平塚市に限らず人気の葬儀として「家族葬」と呼ばれる葬儀があります。この家族葬という葬儀のかたちは、広義には「家族を中心として行われる葬儀」と理解されているようです。家族葬という葬儀の形には明確な定義はないのですが、広くは家族だけで行う葬儀もしくはごく親しい人たちだけを招いて行われる葬儀と認識されています。そして、家族や親族のみで行われる葬儀はすべて家族葬なのです。

しかしながら、先ほど明確な定義がないとご説明した家族葬ですが、葬儀の業界の中ではある程度固定化された定義があります。それは、古くから行われてきた従来の葬儀(一般的な葬儀)のアンチテーゼとしての葬儀です。家族等と一般的な葬儀との違いは招待する人の線引きのみです。葬儀にお呼びする人の関係性が一般的な葬儀よりも家族葬の方が狭いですが、行われる葬儀自体の内容は一般的な葬儀と変わりなく、同じです。

そして現在では、家族葬から派生した一日葬という葬儀の形があります。一日葬は、お通夜を行わずに葬儀・告別式・火葬を一日だけで行う家族葬(葬儀)のことです。この葬儀の形は、平塚市でもたいへん人気のある葬儀です。一日葬は、日を跨ぐことがないので、宿泊をする必要もありませんし、葬儀の場に拘束される時間も短いため、ご高齢の方にもご負担の少ない葬儀です。

さらには、家族葬や一日葬が発展して、直葬という葬儀も平塚市では人気の葬儀です。直葬とは、お通夜に限らず告別式も行わず、安置所から直接火葬場にお運びしてそのまま火葬を行う葬儀の形です。この流れから、別名、火葬式とも呼ばれる葬儀です。この葬儀は葬儀の工程がかなり省かれているので、葬儀にかかる費用が20万円前後と非常に少なく、葬儀の全国平均200万円前後と比較してもかなり低く抑えられていることが分かります。

このように、平塚市での葬儀は従来から行われていた一般的な葬儀のほか、直葬(火葬式)や一日葬といった家族葬が人気となっています。

ただし、負担が少ないというメリットがあれば、デメリットももちろんあります。家族素に共通するデメリットは、ご招待する人を制限することにあります。故人に縁故のあった人で葬儀に呼ばれなかった人たちが、葬儀後に弔問するケースが多々あり、葬儀後にその対応に頻繁に追われることです。参列者を制限せず、ちゃんとお別れしたい人が葬儀の場でお別れすることができますが、お別れできなかった人は葬儀が終わってしばらく経ってから、自宅に訪問されて、お線香をあげる目的で弔問するわけです。

また、もう1つのデメリットとして、これは火葬式のデメリットですが、故人とのお別れに十分な時間が取れないケースがあり、後々後悔が残ってしまうケースもよく耳にします。ですので、葬儀の形を選ぶ時は、費用面の熟考も必要ですが、後悔しないような葬儀にするべく、葬儀の内容も是非、よく検討してください。不安なことがあれば平塚市での葬儀に詳しい葬儀社に相談して、質問して、よく検討されてください。

平塚市での葬儀なら葬儀社グランドセレモニー